羽田空港の深夜到着便・早朝出発便を利用するけど電車がない!という人におすすめの天然温泉 平和島(24時間営業)

GOTRIP! / 2019年4月25日 6時30分

羽田空港に深夜到着便で帰国するけれど、自宅へ帰る電車や新幹線がもうない、あるいは早朝出発便に乗るけれど、自宅から始発の電車や新幹線に乗っても間に合わない……。

そのような場合は後泊・前泊をすることになるでしょうが、ただ眠るだけなのにホテル代がもったいないな、と感じることはありませんか。

そんなときにおすすめなのが、東京都大田区にある1日約150トンを湧出する「天然温泉 平和島」です。ここは24時間営業の温泉施設で、入浴だけでなく、仮眠や休憩もできます。

2019年3月18日にリニューアルオープンしたため、館内は新しくてきれいです。

羽田空港の深夜便・早朝便に合わせた無料バスを毎日運行しているので、深夜に羽田空港に着く、あるいは早朝に羽田空港を発つ人にとって便利です。

バスは天然温泉 平和島⇔羽田空港国際線ターミナル⇔羽田空港国内線第1・第2ターミナルを最短約15分で結んでいます。

深夜到着便利用者はWelcomeコース(羽田空港から天然温泉 平和島へ)、早朝出発便利用者はFlightコース(天然温泉 平和島発から羽田空港へ)をネット予約可能。

料金は、ホテルより低価格で滞在することが可能です。

スーツケースは館内に持ち込みできませんが、入り口横にある鍵付きロッカーに収納できます(100円リターン方式)。大きいサイズのスーツケースも問題なく入るロッカーです。

受付でチェックインをし、館内着&タオルのセットを受け取りましょう。

館内着はかぶりタイプのトップスとウエストゴムの七分丈パンツ。タオルはバスタオルとフェイスタオルの2枚です。

温泉は「ビューイングスパ」と「シャイニングスパ」の2つ。開放感のあるビューイングスパには高濃度炭酸の天然温泉と座れる岩盤浴、シャイニングスパには天然温泉を中心に気泡浴やトゴール浴、うたた寝湯・高温サウナなどの設備が整っています。

深夜便で空港についた人は熱いお湯に浸かってリフレッシュでき、早朝便に乗る人もさっぱりした状態で出発できることでしょう。

天然温泉 平和島には、入浴後にリラックスできる空間も整っています。リラックスラウンジでは、テレビ付きリクライニングチェアがあり、ゆっくりくつろいだり、眠ったりすることが可能です。

ベッドのような寝心地とはいきませんが、かなりフラットになるので体を横にして休めます。

ただ、深夜でも人の出入りがあり、テレビを見ている人やいびきをかく人もいるので、気になる方はアイマスクや耳栓を用意していくと良いかもしれません。

席数は少なめですが、女性専用のリラックスラウンジもあります。タオルケットは無料です。

また、岩盤浴ラウンジ Ganbanは深夜は無料スペースとして開放されているので、こちらで雑魚寝する人たちも。

こちらの岩盤浴ラウンジにも女性専用ラウンジがあります。

館内には1000冊を超えるマンガが揃っているため、眠れないときの時間つぶしに良さそうです。

Welcomeコース(深夜到着便)の利用者は、館内レストランゆらりで無料の朝食をいただけます。朝食時間は7:00~9:00(ラストオーダー 8:30)。

朝食は和洋ブッフェスタイルで、品数はそこまで多くないものの、無料なのは嬉しいですね。

なお、天然温泉 平和島のエントランスの外には24時間営業のファミリーレストランもあります。

天然温泉 平和島のすぐ近くには、JR 大森駅前、京急 平和島駅前へのバス停があり、便利です。

バスはワンコインですが、天然温泉 平和島から帰る際は、フロントでバス利用券をもらえます。

天然温泉 平和島は、ホテルのようにプライベート空間で快適に……とはいきませんが、羽田空港に深夜便で到着する、あるいは早朝出発便に乗るけれど、後泊・前泊のホテル代を節約したいときには便利な施設と言えるでしょう。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 天然温泉 平和島
所在地 東京都大田区平和島1-1-1 ビッグファン平和島2F
営業時間 24時間営業
公式サイト https://www.heiwajima-onsen.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング