【世界の絶景】浸食によって形を変え続けるスペイン・テネリフェ島のテイデ国立公園

GOTRIP! / 2019年4月29日 6時30分

スペイン・テネリフェ島におけるハイライトのひとつが、島のほぼ中央にそびえるテイデ山。テイデ山は標高3718mとスペイン領にある山では最高峰を誇り、ユーロが導入される前にはスペイン紙幣にも印刷されました。

山の麓には面積約1万9000ヘクタールの国立公園がひろがり、ここでしか見られない希少な植物や変化に富んだハイキングコースが人気を集めています。

そんなアトラクションが豊富なテイデ国立公園におけるハイライトとなるのが、「ロケ・デガルシア」と名付けられた奇形の岩々。まるで生きているかのように多種多様に変化した岩の数々が、訪れる者をその姿で圧倒します。

不思議な形をした岩々が横たわるのは、テイデ山の南側に広がる標高約2200mのエリア。綺麗に舗装された道路(TF-21)沿いにあるので、車でのアクセスも容易です。

地殻の隆起などによって形成されたと言われている岩々は、最も古いもので約170万年前に形作られたと予想されています。100万年以上もの長いあいだ、この地で雨や風、そして照りつける太陽をうけながら、今私達が目にしている姿へと変貌を遂げていったのです。

岩は途中部分まで上ることができます。上へ行くごとに風がどんどん強くなり、何かにつかまっていないと吹き飛ばされてしまいそうなほど。

ここからは岩々のなかでも最も印象的な形をした岩、「ロケ・シンチャド」の姿がよく見えます。なぜ倒れないのか不思議なくらいうまくバランスを取っている岩。下半分は上半分にくらべ柔らかい地質であるため、下ばかりの浸食がすすんだ結果このような形になりました。

今後何十年、何百年と時が経てば、岩の浸食がさらに進んでポッキリと下部分が折れてしまうことでしょう。実際に強風を受けながら感じたのは、自然の威力は人間が到底及ばないものだということです。

ロケ・シンチャドの向かいにある岩にも上ることができ、上からはテイデ山も入れた大パノラマが楽しめます。

視線を変えるごとに、海に浮かぶ島のように岩々が顔を出しているのが分かりますね。

岩々も、見る角度によって同じ岩とは思えないほど様々な表情を見せてくれます。実際に近くで見れば、人間の手では決して作ることのできない、自然のすごみ感動することでしょう。

自然の力を借りて、まるで生きているかのように自由自在に変貌を遂げた不思議な岩々。風や太陽を受けながら日々変化し続ける岩のその一瞬を、あなたの目でも捕らえてみてください。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング