【世界のカフェ】パステルグリーンの外観がキュート!トルコ・イスタンブール旧市街のスタイリッシュなカフェ「ポイカ・コーヒー(Poika Coffee)」

GOTRIP! / 2019年8月8日 6時30分

ローマ・ビザンツ・オスマンという三大帝国の帝都として栄えた、トルコ最大の都市イスタンブール。

イスタンブールの旧市街は、街自体が世界遺産にも登録されていることから、連日多くの旅行者で賑わうエリアです。

旅行者が多い分、旧市街には美味しいトルコ料理を食べることができるレストランやスイーツショップなども多いのですが、気軽に入れるカフェは新市街ほど多くありません。

今回は、そんな旧市街の観光スポットが最も密集するスルタンアフメット地区にオープンしたカフェをご紹介しましょう。

お店の名前はポイカ・コーヒー(Poika Coffee)。

旧市街のど真ん中にあるカフェとは思えないくらい、スタイリッシュな外観。新市街で見かけるようなおしゃれな外観ですが、しっかりと街並みに馴染んでいます。

パステルグリーンの外観がおしゃれなポイカ・コーヒー(Poika Coffee)は、店内もシックで落ち着いた空間が広がっています。

レンガの壁面に設置された木製の本棚や絵画、座り心地のよい椅子や動物の柄が可愛いクッション、明るすぎないオレンジ色の照明など、いたるとことに工夫が凝らされています。デザインやコンセプトはゼロからオーナー自身が考え、壁面のペイントも自ら手掛けたというから驚きです。

カウンター席、数人で利用できる大きめのテーブル、外のテラス席、コンセントが使える席など、その日の状況にあわせて席を選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

店内のBGMも心地よく、カウンターからは豆を挽いてコーヒーやカフェラテを作る音が聞こえてきて、コーヒーの香ばしい香りも漂っていきます。旧市街のど真ん中にあるとは思えないくらい、落ち着く空間です。

お手洗いも男女別に分かれており清潔。店内ではWi-Fiを利用できる点も、パソコンで作業する人や旅行者にはありがたいですよね。

気になるお店のメニューですが、トルコの定番の紅茶、チャイのほか、ラテ、モカ、ラテマキアート、コルタド、カプチーノなどのエスプレッソ系のアレンジドリンク、野菜やオリーブ、チーズなどがついてくるトルコの定番の朝食、オムレツ、トーストなどの軽食や、チーズケーキ、ブラウニー、マフィンなどのデザート類まで幅広く揃っています。

スルタンアフメット地区にはアヤソフィア博物館やブルーモスク、トプカプ宮殿などの観光スポットが密集しており、途中で腰を下ろして必ず一休みしたくなります。

レストランに入るほどお腹もすいていないけど、足休めしたいな、というときは、こちらのポイカ・コーヒー(Poika Coffee)に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

ポイカ・コーヒー(Poika Coffee)
所在地 Alemdar, Hacı Tahsin Bey Sk. No:7/A, 34110 Fatih/İstanbul
電話 +90-543-595-6116

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング