沖縄・那覇で新鮮な魚介や熊本の馬刺しを楽しめる和風海鮮居酒屋「肥後勝」

GOTRIP! / 2019年9月28日 6時30分

沖縄旅行の楽しみといえば、ラフテーやゴーヤチャンプ-、ソーキそばなどの沖縄料理、あるいはタコライスやA&Wのバーガーなどアメリカンフードなど、数々のご当地グルメが挙げられます。

でも、沖縄料理が続くと、「美味しい魚介やお寿司をつまみつつ、お酒を飲みたいな」と思うかも知れません。そんなときにおすすめしたいのが、ゆいレール「旭橋」駅とバスターミナルの近くにある和風海鮮居酒屋「肥後勝(ひごかつ)」です。

「肥後勝」は、その店名からもわかるように、熊本県出身のオーナーが切り盛りするお店。オーナーもスタッフもみなさん丸刈りなので、最初は驚くのですが、とても気さくな雰囲気です。

沖縄といえばオリオンビールですが、ここ肥後勝には全国各地の銘酒が揃っています。

浦霞禅(宮城)、飛露喜(福島)、獺祭(山口)、田酒(青森)、松緑(青森)、香露(熊本)など、東北地方を中心に各地から取り寄せた清酒、そして、熊本や鹿児島、宮崎の焼酎がずらり。

このお店で特におすすめなのが、熊本直送の特選馬刺しです。しもふり、たてがみ、ふたえご、赤身の盛り合わせや、馬ヒレ炙り刺し、馬レバ刺しといったメニューも。

また、熊本郷土料理として、桜納豆、からし蓮根、一文字ぐるぐる、阿蘇高菜炒めなども提供しています。

通年メニューのほかに、「本日のおすすめ」で旬のおいしいものもチェックしましょう!

沖縄ではとれない、つまり県外から空輸しないと手に入らない食材も多いので、「旬」というのがピンとこないかもしれません。しかし、時期により仕入れ先の都道府県を変えることで、その時期に一番おいしいものを仕入れられるというのが強みでもある、とオーナーが話してくれました。

お刺身盛り合わせ。予算に応じておまかせで盛り合わせてもらうこともできます。

焼きアスパラガス。

茄子の田楽は2色の自家製木の葉味噌といっしょにいただきます。とろとろの茄子がこってり甘めの味噌に絡んで美味しいです。

山菜の天ぷら。フキノトウのほろ苦さが口中に広がります。

ぷりぷりの生牡蠣はレモンをきゅっと絞って。

肥後勝でぜひとも味わいたいのが馬刺し! 今回はお寿司でいただきました。

赤身もおいしいですが、甘い脂が口の中でとろけるしもふりは個人的にイチオシです。

馬刺しのにぎりや海鮮のにぎりのほか、肥後勝自慢の一品として、松前寿司(サバ棒寿司)や穴子押し寿司があります。こちらは店内で食べるほか、お持ち帰りも可能です。

最後はうまみたっぷりのアラ汁で〆め。

今回は単品で注文しましたが、肥後勝では予算に応じた寿司会席もあります(要予約、2名~)。

あまり観光客向けのお店ではなく、比較的お客さんの年齢層も高めなので、おいしいお酒と肴をゆっくり楽しみたいときにおすすめです。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 肥後勝(ひごかつ)
住所 沖縄県那覇市泉崎1-7-19
営業時間 17:00~翌1:00
定休日 日曜(月曜が祝日の場合は営業)
席数 全40席
喫煙 可
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、MUFG、DC、銀聯
公式サイト https://higokatsu.gorp.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング