【京都】「辻利兵衛本店 宇治本店茶寮」で、史上最「濃」の抹茶パフェに出会う

GOTRIP! / 2020年9月12日 6時30分

京都・宇治といえば、泣く子も黙るお茶の里。数々の老舗茶屋が店を構えていて、抹茶好きにはたまらない場所ですよね。

抹茶スイーツがいただける茶寮もたくさんあり、どのお店に行こうか迷ってしまうというもの。何度も宇治に足を運んでいる筆者は、自分の限りある胃袋を恨めしく思うこともしばしば。

今回は、抹茶スイーツ激戦区の宇治で、「抹茶の濃さを求めるならここ!」というお店をご紹介します。それが、老舗の製茶問屋「辻利兵衛」が営む「辻利兵衛本店 宇治本店茶寮」。

「辻利」や「中村藤吉」に比べると知名度はやや低いかもしれませんが、1860年創業の「辻利兵衛」は、栽培から加工、茶葉のブレンドまで一貫してこだわった質の高い宇治茶が評判。

なんと、お茶を2度揉んで針のような細い茶葉に仕上げる製法を考案し、高級茶・玉露を完成させたのも「辻利兵衛」なんです。

厳選した茶葉を使ったお茶とスイーツを提供する「辻利兵衛本店 京都宇治本店」は、日本茶の歴史に貢献してきた製茶問屋の本気が見える茶寮といっても過言ではありません。

「辻利兵衛本店 京都宇治本店」は、JR奈良線の宇治駅から徒歩約5分。駅から近いとはいっても、宇治の主要観光エリアからは離れているため、周辺の人通りはまばら。

途中閑静な住宅街の中に入っていくので、「本当にこんなところにあるの?」と不安になってしまうほど隠れ家的な場所にあります。

しかし一度門をくぐってしまえば、そこは別世界。広大な庭園の中に、お茶工場として使われていたという築100年の建物をリノベーションした茶寮がたたずんでいます。

まるで老舗旅館のような風格は、喧噪から離れた宇治ならでは。店内は老舗らしい重厚さを残しつつも現代的な感性を採り入れた和モダン空間。これから味わう抹茶スイーツにますます期待が高まります。

「辻利兵衛本店 京都宇治本店」を訪れたら、必ず食したいのが「お濃い茶パフェ 宇治誉れ」。

濃厚な抹茶のソフトクリームや、抹茶クーベルチュールでくるんだ和栗、抹茶シフォン、プルプルの白玉など、「辻利兵衛本店」渾身の和スイーツを幾重にも重ねた贅沢な抹茶パフェです。見た目も芸術的…!

「お濃い茶パフェ」というネーミングは伊達ではなく、抹茶ソフトクリームを口にした瞬間、「濃い~!」と叫びたくなること請け合い。筆者自身、これまで数々の抹茶スイーツを食べ歩いてきましたが、これほどまでに抹茶が「濃い」のは初めてでした。

ユニークなのが、抹茶ソースが添えられていること。濃厚な抹茶ソースをかけることで、さらに自分好みの味わいにアレンジすることができるのです。

宇治抹茶の薫りと旨みをぎゅっと閉じ込めたパフェは、「誉れ」の名にふさわしい逸品。老舗の製茶問屋がプライドを賭けた抹茶スイーツは、想像以上でした。

抹茶パフェを堪能したら、物販コーナーで抹茶のお菓子をゲットしてみては。

特におすすめなのが、碾茶入り宇治抹茶チョコレートクランチ「茶ノ道」。

石臼で挽いた抹茶とベルギー産ホワイトチョコレートのハーモニーは絶品。ほろ苦い味わいで、抹茶好きの方へのお土産にすると、喜ばれること間違いなしです。

何を食べても、お茶への並々ならぬこだわりが感じられる「辻利兵衛本店」。きっと、あなたにとっても新しい抹茶体験になることでしょう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

【お店の情報】
京都府宇治市宇治若森41
TEL:0774-29-9021
http://www.tsujirihei.co.jp/information/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング