まるでヨーロッパの宮殿!バルヤン一家が手掛けたイスタンブールのモスク「ドルマバフチェ・ジャーミィ」

GOTRIP! / 2020年10月27日 6時30分

東西の文化が入り混じるトルコ最大の都市、イスタンブール。この街は黒海からマルマラ海に注ぐボスポラス海峡によって大陸がヨーロッパとアジアに二分されています。ヨーロッパ側は、金角湾によってさらに旧市街と新市街に分かれており、エリアごとに街の雰囲気が異なるのは、イスタンブールならではの魅力です。

ヨーロッパ側新市街には、西洋化、近代化を目指した頃に建設されたオスマン帝国時代の美しい宮殿やモスクが多く残っています。そのなかでも、まるでヨーロッパの宮殿のような美しい内装が特徴的なモスク、ドルマバフチェ・ジャーミィをご紹介しましょう。

ドルマバフチェ・ジャーミィは、新市街のベシクタシュというエリアにあります。サッカーの試合が行われるボーダフォンアリーナの目の前にあり、このスタジアムと並んで、ベシクタシュの街を象徴する建築物の一つとなっています。

ドルマバフチェ・ジャーミィは、1853年、当時のオスマン帝国31代目の皇帝アブデュルメジト1世の母であるベズミャレン・ヴァリデ・スルタン(Bezmialem Sultan)の命により建設が始められました。彼女はこのモスクだけではなく、イスタンブールやメッカに病院を建設させたほか、金角湾に橋をかけさせたり、街中に泉亭を造ったり修繕させたりするなど、存命中は母后(ヴァリデ)の権力を利用して様々な建造物をつくらせ、街の発展に貢献しました。

このモスクの設計を任されたのは、18世紀から19世紀にかけてオスマン宮廷に仕えていたアルメニア系建築家のバルヤン一族の子孫にあたるガラベット・アミラ・バルヤンです。

ガラベット・アミラ・バルヤンは、オスマン帝国最後の王宮であるドルマバフチェ宮殿の設計も手掛けたことでも知られています。彼は、近代改革に熱心に取り組むアブデュルメジト1世の治世にオスマン宮廷に仕え、バロックやロココ、ネオクラシックといった西洋の建築様式を従来のオスマン建築様式と折衷させることに成功しました。

そのことからもわかるように、モスクの内部はまるでドルマバフチェ宮殿を思わせるような豪華絢爛な装飾が施されており、非常に華やかな印象を受けます。一目見ただけでも、従来のオスマン帝国時代に造られたモスクとはまったく異なる空間が、そこに広がっていることがわかるでしょう。

とはいえ、メッカの方向を示すミフラーブや、アッラーや預言者ムハンマドの名が描かれた円盤を見てもわかるように、ここは毎日の礼拝の時間に多くの信者が集う現役のモスクなのです。

ベズミャレン・ヴァリデ・スルタンは1853年に亡くなり、残念ながらモスクの完成を見届けることはできませんでした。モスクは、彼女の息子のアブデュルメジト1世の指示の下、同時期に建設が進められていたドルマバフチェ宮殿よりも1年早い1855年に完成、開堂され、現在に至るまでベシクタシュを代表するモスクの一つとして人々に親しまれています。

トルコを訪れたら、イスタンブールの観光名所でもある旧市街のスルタン・アフメト・ジャーミィやスレイマニエ・ジャーミィはもちろん、新市街のボスポラス海峡沿いに建つドルマバフチェ・ジャーミィも併せて見学してみてはいかがでしょうか。きっとオスマン帝国における建築の歴史の流れをその目で見て感じることができるはずです。

Post:GoTrip!http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ドルマバフチェ・ジャーミィ(Dolmabahçe Camii)
所在地 Ömer Avni Mahallesi Meclis-i Mebusab Caddesi 34 34427 Beyoğlu/İstanbul

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング