1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

一泊一人約5,000円台〜!河口湖にある富士山ビューの〈Airbnb〉宿でワーケーション体験。

Hanako.tokyo / 2021年3月23日 18時0分

一泊一人約5,000円台〜!河口湖にある富士山ビューの〈Airbnb〉宿でワーケーション体験。

リモートワークが普及した昨今、地方やリゾート地などでリモートワークをしながら休暇を取る「ワーケーション(ワーク&バーケション)」が注目されていますね。しかし実際のところ、旅費がかさみそうだし仕事も手につくのか心配。今回は〈Airbnb〉を使って5泊6日のワーケーションを体験してみました。

新宿や渋谷から片道2,000円、約2時間半でアクセスできる河口湖へ。

大きな富士山が背後にそびえる河口湖駅舎。

今回ワーケーションの地に選んだのは、東京からもアクセスしやすい河口湖。新宿や渋谷、東京駅などから高速バスが多数発着しており、片道2,000円、約2時間半で行くことができます。

今回は月曜日の日中に仕事をすませて、夜7時渋谷発の高速バスに乗って河口湖へ。21時半ごろには宿に到着できたため夜はゆっくりと休むことができ、翌朝からすぐに仕事に取り掛かることができました。

リビングから見える富士山に心洗われる、和モダンな新築ヴィラに滞在。

写真左側の扉の一階と二階が全て貸切。

滞在したのは河口湖駅から徒歩6分、閑静な住宅地に建つ、新しい町家風家屋「富士暁月-空KUU-」。2階建ての一軒家(南側)を貸し切ることができ、1階に和室とトイレとバスルームに洗濯機置き場、2階にダイニングキッチン&リビングとベッドルームとトイレがある物件です。駐車場もあるので、車でアクセスもできます。

最大宿泊人数は6人で、4人までであれば1物件1泊24,150円〜。今回利用した5泊6日などの場合は長期滞在割引も適用され、4人で宿泊すれば1人1泊5,000円台〜(※2021年3月22日現在、土日祝日など時期により変動)というお手頃価格で宿泊可能です。

リビングの窓の外に広がる雄大な富士山。

陽当たりも良くて、居心地も抜群。

ベランダからの眺望も抜群。

この物件の一番の魅力は、2階のリビングから富士山が見られること!しかもちょっと見える、とかではなく大迫力で、山頂の雪化粧まで鮮明に見えるのです。こんな景色を毎日見られたら、仕事もはかどりそうですよね。

リビングのテレビではNetflixも見放題でおこもりがはかどります。

コンロはIH。食器や調理器具はもちろん、コーヒーマシンや炊飯器、電子レンジやトースター、ケトルもあり!

内装もインテリアコーディネーターによってセレクトされたという、スタイリッシュな家具で統一されていてとってもおしゃれ。キッチンの設備も充実しているほか、リモートワークに欠かせない、電源やWi-Fiも完備。

ベッドルームにはちょっとしたデスクも。加湿器もしっかり完備。

畳の温もりを生かした和室には布団を完備。

寝室は1階の和室と2階のベッドルームの2部屋。ベッドルームにはシングルベッドが2台あり、和室には布団も用意されています。

広々とした浴室。桶はヒノキ。

脱衣所には独立洗面台とラックも。歯ブラシやタオルも人数分用意してくれる。

バスルームの前には乾燥機付ドラム式洗濯機やスチームアイロン、掃除機も。

嬉しかったのは乾燥機付ドラム式洗濯機が設置されていること!洗剤も用意されていて、長期滞在でも快適に過ごせます。お風呂も広々していて清潔。バスルームにある独立洗面台には、ドライヤーはもちろんタオルや歯ブラシまで人数分用意されていました。

暮らすように旅と仕事ができる、〈Airbnb〉を使ったワーケーション。

今回私は月曜夜から土曜朝までの5泊6日でこちらの物件に滞在。前半は一人、後半は二人でワーケーションを試してみました。

平日は朝起きたらリビングで富士山を見ながら朝食。前日に買っておいた近所のパン屋さんのパンを朝食にすることが多かったです。ホテル朝食も大好きですが、そこに住んでいるかのように近所のパン屋さんを開拓できる〈Airbnb〉滞在もいいもの。キッチンにはネスプレッソとコーヒーカプセルも完備されていたので、手軽に淹れたてのコーヒーが飲めるのも嬉しかったです。

ちなみに朝夜の寒さが気になる冬の河口湖ですが、暖房器具と加湿器がフル装備されていたのと、日当たりもよかったので暖かく快適に過ごすことができました。

午前中からお昼にかけては、リビングでお仕事。延長コードも複数用意されていたので、至るところでPC作業をすることができました。ベストポジションはもちろん富士山が目の前に見えるダイニングテーブルです。

いつもは起きてからなかなか取りかかれない仕事も、ここではすぐに取り組め、短時間でタスクをこなすことができました。そして仕事をしている間に乾燥機付き洗濯機で前日の洋服たちをお洗濯でき、気分も爽快。

吉田うどんの人気店〈たけ川〉の温かい「肉うどん(中)」500円。

〈たけ川 河口湖店〉。

仕事がひと段落したら、昼食とお散歩へ。滞在した物件が河口湖駅からも河口湖からも近いというロケーションの良さから、魅力的なお店が徒歩20分圏内にたくさんありました。

山梨といえば「ほうとう」が有名ですが、今回いろいろ巡って印象的だったのが富士吉田名物の吉田うどん。コシが強く噛みごたえのあるうどんに馬肉をトッピングした「肉うどん」を提供する〈たけ川 河口湖店〉も、物件から徒歩10分ほどで行くことができます。

ご飯を食べたら周辺をお散歩。河口湖近辺では至る所から富士山が見えるのですが、何度見てもその壮麗さに心を奪われます。

〈赤富士ワインセラー〉。

物件から15分ほど歩いた場所にはワインセラーもあったので、夜の晩酌用に甲州ワインを購入しました。

河口湖も歩いてすぐに行けるという最高の立地!

ちなみに河口湖までも物件から徒歩7分ほど!気軽に湖畔散策もできるロケーションのため、仕事に煮詰まった時のリフレッシュに最適でした。

河口湖駅すぐの場所にあるシャルキュトリーのハムやソーセージも美味!

夜は買ってきた甲州ワインや惣菜で晩酌しつつ、リビングのテレビでNetflix三昧。自宅でもできるような夜の過ごし方かもしれませんが、いつもと違うおしゃれなリビングで地元産食材をいただけるだけで気分転換になりました。

さらにこちらの物件は調理器具も充実しており自炊もできるため、長期滞在でネックとなる食費も節約可能。また地元の惣菜屋や肉屋、酒屋などで食材を調達して宿で楽しむというようなスタイルは、ホテルディナー以上にその土地の雰囲気を感じられるような気もしました。

富士山や〈富士急ハイランド〉、富士五湖へのアクセスも抜群。

精進湖。

本栖湖。

西湖。

山中湖。

山中湖で見かけた白鳥。

土曜日は車を借りて、富士五湖を周遊してみました。旅先に滞在するワーケーションの場合、休日になれば朝から観光をスタートできるのがいいですね。ちなみに河口湖は富士五湖以外にも富士山、〈富士急ハイランド〉も電車で一駅とアクセス抜群。御殿場のアウトレットもお近く。平日は仕事をしつつ周辺散策をしてリフレッシュして、土日など休日は朝から観光を楽しむことができる、というのはワーケーションの魅力だと感じました。

ちなみに同行してもらった知人は木曜に有給を取得し移動&観光、金曜はテレワーク、土曜は一緒に河口湖近辺を観光というスケジュールで参加してくれました。ワーケーションが初めての知人は最初「仕事が手につかないのでは?」と心配していましたが、素敵なリビングのおかげか意外なほど仕事がはかどったとのこと。東京からのアクセスの良さも評価していました。

ベランダから見える富士山。

暮らすように旅ができる〈Airbnb〉ステイ。ワーケーションにピッタリな〈Airbnb〉の滞在先もリストアップされているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

※記事は取材時(2020年12月上旬)の情報です。営業時間などは公式情報をご確認ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング