1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

京都を代表するコーヒーロースターのフラッグシップ店〈The Unir coffee senses〉で、スペシャルな珈琲体験を。~カフェノハナシ in KYOTO〜

Hanako.tokyo / 2021年2月13日 18時0分

京都を代表するコーヒーロースターのフラッグシップ店〈The Unir coffee senses〉で、スペシャルな珈琲体験を。~カフェノハナシ in KYOTO〜

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は、京都を代表するコーヒーロースター〈Unir〉のフラッグシップショップ〈The Unir coffee senses(ザ・ウニール コーヒーセンシズ)〉を訪れました。

観光で京都を訪れた際、必ずと言っていいほど立ち寄る東山エリアにオープンしたのは、京都を代表するコーヒーロースター〈Unir〉のフラッグシップショップ〈The Unir coffee senses(ザ・ウニール コーヒーセンシズ)〉。一言で表現するとここは、「珈琲が珈琲らしい味わいを発揮できる場所」。また、他店にないここだけメニューも多数提供しています。

お店は厳かな門をくぐった先に。店奥の階段を上がると開放的な空間へと繋がります。

ゆっくりいただきたい、至福のメニュー。

季節の美味しいものにあふれるフルーツサンドイッチ重 1,950円

全集中で食べてほしい、とろけるたまごサンド 1,100円

お重を開けると、中から現れたのは、コーヒーバナナサンドやみかんサンドといった表情豊かなフルーツサンドたち。各フルーツに合うよう、使用するクリームを変更したりと、こだわりの詰め込みようは料理人の域。いちごサンドなんて、白味噌クリームと抹茶クリームの二重奏ですよ…!内容は季節によって変更予定とのこと。また、厚揚げと彩り野菜のサンドや煮浸しなどが入った「京都の美味しいものにあふれるサンドイッチ重」(1,950円)といったグルメ重もあるので、こちらも併せてチェック。

舌の力だけでとろけてしまうほど繊細なのに、中に詰まった力強い風味に思わず声が漏れてしまったこのたまごサンド。出汁の風味がジワリと溢れ出すその瞬間の幸福感たるや、まさに昇天される勢いで…。きっと注意散漫状態で食べても、気がつけば全集中させられてしまうはず。

アメリカーノ 450円〜

きっとここの珈琲を飲めば、「え!これ本当に珈琲なの!?」ってなるはず。それはアメリカーノだけでなく、カフェラテ(550円)も同様で、お店の珈琲への熱い想いに呼応するかのように、珈琲が珈琲らしく珈琲していて。珈琲の本質を知り、各珈琲豆の個性を最大限に生かすことができるからこそ、引き出せる風味がここでは体験できるのです。希望すればさらに、驚くほど風味豊かなトップオブトップクオリティーの珈琲豆にグレードアップさせることも可。

それはそれは穏やかで、いわゆる喧騒なんてものは存在せず、珈琲と見つめ合うにはもってこいな場所でした。一階にはさらに、今回ご紹介したカフェとは異なる〈Coffee Senses Bar〉なる特別な空間が存在していて、そちらでは、和の空気感に包まれながら、コーヒーカクテルやモクテルを味わうことができるそう。詳しいご予約方法等は、Instagram公式アカウントにも掲載されているので、ご興味がある方は、ぜひ一度ご確認くださいませ。

〈The Unir coffee senses〉

京都府京都市東山区桝屋町363-6
11:00~18:00(17:30L.O.)水休

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング