1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

アクティビティ盛りだくさんの〈セントラルリゾート宮古島〉で、島旅を満喫しよう。

Hanako.tokyo / 2021年7月28日 12時0分

アクティビティ盛りだくさんの〈セントラルリゾート宮古島〉で、島旅を満喫しよう。

大自然に囲まれた沖縄・宮古島の中心街に位置するホテル〈ミヤコセントラルホテル〉にAsobi棟が誕生し、新たなリゾートホテル〈セントラルリゾート宮古島〉としてオープン。1日中遊べるアクティビティプランも充実で、宮古島をまるごと満喫しよう!

宮古の魅力をまるごと満喫する旅。

”まるごと宮古を遊ぼう”をコンセプトとした、カジュアルリゾートホテル〈セントラルリゾート宮古島〉がオープン。もともとあった〈ミヤコセントラルホテル〉にAsobi棟が誕生し、この夏新たに生まれ変わることに。

ここのホテルの最大の魅力はなんといっても海もアクティビティも市街散策も、なんでも自由に遊べる立地の良さ。バカンススタイルに合わせた宿泊プランや、宮古島の心弾むアクテビティ体験も満載で、自分たちだけの自由な旅のスタイルを満喫できます。

壁一面アートが描かれたオープンテラス。

24時間利用可能なランドリールーム。有料。

チェックイン前やアウト後に便利なコインロッカーも設置。

外で思いっきり遊んだ後はこちらで。シャワールームも完備。

レンタサイクルも。マウンテンバイク 半日:500円、1日:1,000円、電動自転車 半日:1,000円、1日:2,000円。

オープンテラスやシャワールーム、コインランドリー、ロッカーなど、宿泊者のみが利用できるスペースも充実。他にもシェアカーやレンタルサイクリングなども用意あり。

女子旅におすすめ。アクティブなリゾートステイにぴったりな洋室のお部屋。

最大3名まで利用可能なデザイナーズ和室。小さなお子さんも安心してステイいただけます。

和洋室は最大4名まで可能。

いたるところに〈HAY〉のインテリアが。

充実したアメニティ。

シャンプー、コンディショナーなども設置。

客室はこちら。洋室、和室、和洋室の全3タイプの部屋部屋があり、女子旅からファミリーまで幅広く対応。ホテルライフを一層楽しくする、ヘアドライヤー〈リファ〉フェイススチーマー、ヘアアイロンも完備しており、共有スペースには電子レンジや自販機、スナックなども販売。

コンパクトながらも洗練された客室で、ゆったりとくつろげる空間に。

ワーケーションにも最適!オープンラウンジ「ティ・ダ・カフェ」。営業時間は9:00~23:00。

「BENTO BOX」。提供時間は6:30~9:00。

コワーキングスペースとしても利用できるオープンラウンジ。

朝食はこちらにて、沖縄の食材をメインにしたスパムおにぎらずやをメインに、宮古島の食材を使用した「BENTO BOX」を提供。オープンテラスや屋上など、自由なスペースで食べれるようにボックスタイプで渡してくれます。

珊瑚でできた美しい海へ。

「砂山ビーチ」への入り口。ここを下ると海が広がります。

海の透明度がかなり高くてとっても綺麗。

白い砂浜が辺り一面に広がり、コーラルブルーに光り輝く海を眺められる「前浜ビーチ」。

フォトスポットも登場。

ホテルから、ビーチや空港とホテル間を周遊する便利な送迎バスが運行(※要予約)しているので、近場のビーチへのアクセスもスムーズに。バスのルートがいくつかあるので詳しくはHPにてチェック。

大自然の真ん中でSUP(スタンドアップパドル)を体験。一見難しそうに思えるが、インストラクターの方が丁寧に教えてくれるので初心者でもウェルカム。

SUP以外にも、シュノーケリングやカヌークルージング、森探検など様々な島のアクティビティプランを用意。

また、ホテル1階のコンシェルジュデスクでは、宮古島で体験できるさまざまなビーチアクティビティを案内。当日でも案内可能なアクティビティもあり、事前の予約なしでもこの場で申込めます。シュノーケリングセットや浮き輪、ビーチテントなどのレジャーグッズのレンタルも可能なので、手ぶらで楽しめます。

ホテルのルーフトップにてサンセット。

青い空と夕日のグラデーションに感動。一年を通して利用できる、宮古島の海を一望できる屋上テラスラウンジ。

夕暮れ時になったらホテルに戻って、屋上テラスからのサンセットを見る準備を。360度周りを見渡せる屋上テラスで、ここから眺めるオーシャンビューの夕日は格別!

通り抜ける風と空気が心地よく、あっという間に時が過ぎていきます。このラウンジから眺めるサンセットが綺麗すぎて、これを求めてまたこのホテルに泊まりたくなるほど。

夜になるとシアターも上映。幻想的な空間で、夜も素敵。ルーフトップ利用可能時間は16:00~23:00。

ランプ、シート、椅子などはホテルから貸し出しあり。

屋上テラスはゆったりと広めのスペースなので、まったりとくつろげるのが幸せ。

朝から晩まで思う存分遊べるアクティビティが盛りだくさんで、充実した1日を過ごせました。

沖縄ハーブを取り入れたトリートメントを。

朝摘み取ったハイピスカスが浮かぶ足湯で歩き疲れた足をリフレッシュ。

宮古島の月桃、ムツウサといったハーブやクチャ(海泥)で作られたオリジナルオイル。

「宮古島ハーブオイルトリートメント(70分間)」9,000円。スパトリートメントは館外提携先での施術。予約、お支払いはフロントにて。

思いっきり遊んで疲れたら、宮古島の自然素材のハーブやクチャ(海泥)を使用したトリートメントで体をリセット。

肩、首筋、足の太ももなど気になる場所を、ツボを得たデリケートなタッチでしっかりとほぐしてくれとっても気持ちいい。気付いたら寝てしまうほど気持ち良く、至福の時間でした。

体を動かして小腹が空いたら。周辺のお店も紹介!

ホテル周辺のふらっと立ち寄れるおすすめのお店をピックアップ。

〈カフェウエスヤ〉。

緑に囲まれた自然たっぷり感じる店内。

名物メニュー「Asian まぜ麺」1,080円。ソイミートまぜ麺でも対応可。

お店はこの看板が目印です。

まぜ麺、季節限定のそばをはじめ、多彩なメニューが楽しめる島カフェレストランは、絶えず人が訪れる人気のお店。ランチやディナーだけでなく、カフェ利用も可能。

沖縄県宮古島市平良下里43
0980-73-5286
11:30〜13:30LO、19:00〜22:00※現在はランチ営業のみ
水木休
公式インスタグラム

〈パイナガマブルーブース〉。

外にはテラス席も。

「島豚ソーセージの島野菜ドッグ」1,020円、「自家製黒糖レモンジンジャーエール」680円。

白色と水色を基調にしたオープンテラスやハンモックがある、ゆっくりとくつろげるカフェ。ランチには、見た目にも鮮やか島豚を使った宮古ドッグがおすすめ。テイクアウトして海辺で時間を過ごすのもいい。

沖縄県宮古島市平良下里247-2
0980-79-0898
9:00〜18:30LO
公式インスタグラム

〈リッコージェラート〉。

みるくマンゴー、雪塩、ピスタチオをオーダー。体にいい素材を使ったやさしい味わいは一口食べることに幸せ。

40種類以上のラインナップから、日替わりで提供。

マンゴー、パッションフルーツ、紫芋などの南国フルーツや食材から、ハーブや泡盛、ちんすこうなど個性的なフレーバーのジェラートが好評。メニューは日替わりで提供しているので、いつ訪れても違うフレーバーを楽しめます。暑い日は、さっぱりとした雪塩がおすすめ。

宮古島市平良字下里550
0980-73-8513
11:00〜18:00
火休
公式インスタグラム

〈モンテドール〉。

ビタミンやミネラルたっぷり、濃厚「バナナジュース」は暑い日に最高!

ビスキュイの生地に完熟バナナをまるごとのせ、クリームとサンドした「生バナナケーキ」。

店内に入ると〈モンテドール〉のキャラクター、モンテくんがお出迎え。

試行錯誤して開発したオリジナルのバナナスイーツが揃う。お土産にぜひ。

宮古島を代表するお土産として愛されて40年。お土産にもぴったり、香料・着色料・保存料不使用、アルミフリーのベーキングパウダーを使った「バナナケーキ」が人気のお店。
ふわふわの生地に完熟バナナと生クリームがぎっしりの、「生バナナケーキ」も絶品です。

沖縄県宮古島市平良西里7-2
0120-564-877
9:00~20:00
公式インスタグラム

今回宿泊したホテルはこちら。〈セントラルリゾート宮古島〉。

沖縄県宮古島市平良字西里228-1
0980-73-2002 
チェックイン14:00、チェックアウト11:00
宮古島空港より車で約12分(※下地島空港、宮古空港より無料送迎を運行)
公式サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング