耳に穴をあけると男運ダウン!? ピアスとの上手な付き合い方

ハピズム / 2012年10月15日 8時0分

写真

 古来、身体の穴から魔物が入りこまないようにと、耳などに装飾物をつける魔除けの風習がありました。今、「魔除け」と考える人は少ないでしょうけれど、何かの記念に、人生の節目に、あるいは単なるオシャレで、ピアスをつける人はたくさんいます。

 昔は、「親からもらった身体に穴をあけるなんて!」とイメージが悪かったピアス。つけているだけで、不良呼ばわりされたことも。実際に、ピアスの穴をあけていることがファンの間で問題となり、波紋を呼んだアイドルもいます。

 人相学的な観点からは、耳に穴を開けるのはあまりオススメできません。運気ダウンにつながるからです。 今回は、ピアスの穴は運勢にどう影響するのか、また、運気を下げずに上手にピアスのオシャレを楽しむにはどうしたらいいのかをご紹介します。

■耳という部位が持つ意味

 人相学では、耳を占う場合、耳を上、中、下の3つのパーツにわけ、それぞれの厚さ、大きさ、形によって運気のよし悪しをみます。

・上(その人の知性があられる)
・中(その人の意志の強さがわかる)
・下(その人の異性運、金運を示す)

 ピアスの穴は、「下」である耳たぶに開ける人が圧倒的に多いと思います。そして、人相学では、耳たぶには「財運」「異性運」があらわれるといわれています。つまり、ここに穴をあけるということは、財布に穴をあけるのに等しく、お金がどんどん出ていってしまうのです。また、欠点の多いダメ男にひっかかる可能性も高まります。

■口ピアス、鼻ピアスも運気ダウンに

 耳以外にも、唇、鼻などにピアスの穴をあける人もいますが、その場合も運気は下がります。

 唇には「愛情運」「セックス運」があらわれるので、穴をあけると、愛を失いやすくなったり、恋人とセックスレスになる可能性があります。また、小鼻には「ギャンブル運」「仕事運」があらわれます。そのため、ツキがなくなったり、仕事で失敗をしやすくなるでしょう。

■ピアスと上手に付き合っていくには?

 運気を下げるピアス。ただ、どうしてもピアスのオシャレを楽しみたい人や、すでに穴をあけてしまった人もいるでしょう。その場合は、穴から運が逃げていかないように、必ず毎日ピアスをつけましょう。朝忙しくてつけるのを忘れた、などということのないように。そして、チープな物ではなく、金、プラチナ、天然石つきのものなどにしてください。

 また、穴を開けたとたんに、借金ができた、浪費ぐせがついたなど運気が悪くなったら……。そんな時には、運気が落ち着くまで、あえてイヤリングをつけましょう。イヤリングには、開運効果があります。揺れるタイプのものは、お金を呼び込みますし、耳にピタッとくっつくものは、貯蓄がしっかりできるようになるのです。

 今は、ファッションの一部として、かなり受け入れられているピアス。芸能人やモデルの中には、イメージダウンにならないよう、あえてピアスの穴をあけない人もいるようです。人相学的にみれば、それは悪い選択ではありません。金運や異性運の悪さが、仕事減少や人気ダウンにつながる可能性もあるからです。ピアスと上手に付き合って、運気ダウンを防ぎましょう!
(紅たき)

ハピズム

トピックスRSS

ランキング