SNSのプロフ写真をよく変える人は二重人格!? 更新度でわかる性格診断

ハピズム / 2012年10月18日 11時0分

写真

 mixi、Facebook、TwitterなどのSNSは、社交の場であり、憩いの場です。その顔であるプロフィール写真は、その人がどんなタイプなのかを探る重要なツール。プロフィール写真からは、知らず知らずのうちに、いろいろなメッセージが発せられているのです。

 大切なプロフィール写真、簡単に何度でも設定し直せることは、みなさんご存じだと思います。でも、ひんぱんに変える人もいれば、一度設定したらずっとそのままの人までさまざま。

 そこで今回は、プロフィール写真を更新する頻度から、その人の性格を読み解いていきたいと思います。

■よく写真を変える人……二重人格
 寂しがり屋な人です。「また写真が変わった!」と、常に友達に注目をしてもらいたいため、ひんぱんに写真を変えるのです。変える頻度は、1カ月に1回くらいだったり、月に数回だったりさまざまでしょう。実は、写真を変えるのがひんぱんであればあるほど、現実のキャラクターとSNSでのキャラクターの違いが大きい人が多いのです。きっと、本性を出すことで、あるいは、まったく違う性格を演じることで、日頃のストレスを発散しているのでしょう。

■新しい写真を撮ったら変える人……人の好き嫌いが激しい
 ひんぱんに写真を変えるほどマメではないけれど、「これは受ける!」と思った写真が撮れたら、SNSの写真変えてみようかなと、ふと思う人。こういうタイプは、気まぐれです。日記やつぶやきも、ひんぱんにアップする時もあれば、しばらくほったらかしの時も。また、人の好き嫌いが激しく、好きな人とだけ深く交流するタイプなので、SNSでの友達の人数はあまり多くはないでしょう。
   
■写真の設定を一度したら、ずっとそのままの人……人と深く交流することを避ける
 細かいことは気にしない、大らかな人です。そもそも、プロフィール写真を変えることなど、思いつきもしないのではないでしょうか。こうした人は、どんな人とも付き合えますが、あまり深くは交流しない傾向があります。友達申請をもらえば、気軽にOKするでしょう。ただし、堅苦しい話、深刻な悩みなどをアップしている人とは友達になりません。関わったら、面倒なことになりそうだからです。

■写真の設定自体をしない人……人に頼まれると断りきれない
 写真設定すら面倒で、SNSにはあまりはまらないタイプです。マメに日記を書いたり、ひんぱんにつぶやいたりはしません。では、そんな人がなぜ、SNSをやるのでしょう。それは、友達や会社の人から、「やろうよ」とすすめられて、断りきれず「お付き合い」のつもりでやっている場合が考えられます。ですので、SNSは、他の人の書いたものを見るのが中心。しかも滅多にコメントはせず、せいぜい「いいね!」やリツイートボタンを押すだけでしょう。

 また、以下のように、アップする写真の種類にも性格の違いはあらわれます。

■自分の写真ばかり
 真面目で、少々不器用です。自分の書いた日記やつぶやきにあまり反応がないと、ひどく落ち込みます。

■自分の顔、イラスト、キャラクター、食べ物、風景など、さまざまな種類の写真
 楽天的で、多趣味です。「○○なう」「おはよう」など、短くてあまり意味のないつぶやきが多いでしょう。

■食べ物やイラスト、風景、キャラクターなど、自分以外の写真
 謙虚で、優しい性格です。本当に親しい人の日記やつぶやきには、ひんぱんに、しかも丁寧に返信をします。

 以上を参考にして、自分のプロフィール写真を見直してみてはいかがでしょうか? また、知らない人から友達申請された時などは、プロフィール写真を手掛かりに、どんな人かを探ることもできます。ぜひ、活用してみてください。
(紅たき)

ハピズム

トピックスRSS

ランキング