『エヴァンゲリオン』キャラクター診断!! あなたが本当に築きたい人間関係は?

ハピズム / 2012年11月17日 9時0分

写真

 11月17日に公開される、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・Q」。この映画は、人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」に乗り、謎の生命体「使徒」に立ち向かう少年少女の戦い、彼らや彼らを取り巻くキャラクター達の人間関係、主人公・碇シンジの心の葛藤を強く描いたTVアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」のリビルド(再構築)作品の3作目。新しいキャラクターやメカ、一新されたストーリーは、TVシリーズ当初からのファンだけでなく、幅広い世代の心をつかみ、今も多くのエヴァファンを生み出しております。

 前々作「序」、前作「破」ともに、この物語は使徒とエヴァの戦闘を中心に動いていますが、キャラクターがそれぞれ持ち合わせている心の欲求が強くぶつかり合い、物語を大きく動かしていきます。個性豊かなキャラクターたちに、自分を重ねている人も多いのではないでしょうか?

 では、あなたが持つ「人間関係に対しての心の欲求」とはどのようなものでしょうか? キャラクターと合わせて、運命数でみてみましょう。

【運命数の出し方】
※自分の運命数を出します。
生年月日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が運命数。

<1980年12月26日生まれの場合>
1+9+8+0+1+2+2+6=29
2+9=11 1+1=2
運命数は「2」です。

■運命数1……「碇シンジ」一個人として認めてもらいたい
 「運命数1」の人は、自分のことを認めてもらいたい、誰からも注目される存在でありたいと思っている人。一見、内向的な性格に見えるも、エヴァンゲリオンに乗ることで、自分の存在を強く訴えるこの物語の主人公「碇シンジ」のように、自分を認めてもらうために周囲に反発したり、大きな行動を起こしたりするのではないでしょうか。自分の意思をしっかりと周りに伝え、時には人の意見にも耳を傾けてみましょう。

■運命数2……「綾波レイ」人との絆を大事にしたい
 人と人、一対一のつながりや絆を大切にしたい「運命数2」の人。普段はあまり自分の意見を出さず、見返りを求めない関係を築きます。しかし、裏切りやきつい言葉、相手側から見返りを求められると、関係の破綻を察して自分から離れようとします。どんな時も無口で自分の感情をうまく表現できない、エヴァンゲリオンのパイロット「綾波レイ」が運命数2の人と近いキャラクターにあたります。映画の中では、今後どのような人間関係や感情の変化が起こるのでしょうか。

ハピズム

トピックスRSS

ランキング