名前の画数で暴くあの人の裏性格! ナルシスト? それとも変わり者?

ハピズム / 2012年12月1日 9時0分

 2012年も残りわずかになりました。これから年末年始に向けて、どんどん気分が盛り上がっていきますよね。こんな時は、恋も生まれやすいものです。気になっていた彼と飲み会で急接近したり、合コンでは新しい出会いがあったり……。お祭ムードに乗せられて、トントン拍子でお付き合いに発展していくこともあるでしょう。

 でも、ちょっと待って。人は見かけによらないもの。いいなと思って距離を縮め、いざ、お付き合いをスタートさせたら、思っていた人と全然違った! なんてことにもなりかねません。焦ってハズレくじを引かないためにも、まずはその人の内面をのぞいてみるのが得策です。そこで役立つのが「姓名判断」。氏名さえわかれば、その場でチェックできて、とても便利です。

■「内運」で素顔が丸わかり!

 姓名判断では、その人の本質は「内運」にあらわれるとしています。出し方は簡単で、姓の最後の1字と名前の最初の1字を足せばOK。内運は本来なら81通りありますが、紹介しきれないので、ここでは導き出した画数の1桁の数字を使います。11画なら内運「1」、15画なら内運「5」、20画なら内運「0」です。

(例) 
田中 里沙さん……中(4画)+里(7画)=11画→内運「1」
平 愛さん……平(5画)+愛(13画)=18画→内運「8」

 それでは、さっそく見ていきましょう。


■内運1(11、21、31、41)の人……脚光を浴びたがる主役気質
 1番へのこだわりが強い人です。初対面では謙虚な素振りを見せたとしても、それはあくまでも社交辞令。自分が1番にならないと気がすまないところがあります。人に従うことは苦手で、何でも自分の考えで仕切りたいタイプ。かなりのワンマンといえそうです。とはいえ、一度信頼した相手のことは嫌いになれなかったり、とことん信用してしまう健気さもあって、憎めません。シンプルで明るい性格が、多くの支持を集めているでしょう。

■内運2(2、12、22、32)の人……感受性豊かな気配りの人
 主張するより共感したい人です。感受性に優れているので、自分とは異なる考えでも簡単に共感することができます。また、目の前の相手を喜ばせたい気持ちが強く、時には心にもないことを口にして誤解を招いてしまうことも。優しすぎるゆえ、決断できずにトラブルを招くことはしょっちゅうでしょう。押し切られて交際、というパターンも多いはずです。結果的に、自分も相手も振り回すタイプといえるでしょう。

ハピズム

トピックスRSS

ランキング