雑煮、しるこ、いそべ焼き……自分の性格がわかる、鏡開きにちなんだ「おもち占い」

ハピズム / 2013年1月10日 9時0分

写真

 1月11日は「鏡開き」。お正月に飾った鏡もちを、この日に調理して食べる昔からの風習です。鏡もちには、年神様が宿ります。鏡開きをすることで年神様をお送りし、お正月に一区切りをつける意味があるのです。また、年神様の力が宿った鏡もちを食べることで、1年の無病息災を願うことができます。

 今回は、鏡開きにちなみ、数秘術であなたの性格をおもちになぞらえてご紹介。おもちの食べ方は、定番ものからちょっと変わった食べ方までさまざまあります。さっそく運命数を出して、あなたがどんなおもちタイプなのかを見ていきましょう。

【運命数の出し方】
※自分の運命数を出します。
生年月日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が運命数。

<1980年12月26日生まれの場合>
1+9+8+0+1+2+2+6=29 2+9=11 1+1=2
運命数は「2」です。

 運命数は出しましたか? それでは診断結果を見てみましょう!


■運命数1……力うどん・パワーとエネルギーあふれる情熱家
 自らの意志で道を切り開いていくパワーにあふれ、とても情熱的なあなたにぴったりのおもち料理は「力うどん」。うどんにおもちを入れた、ボリュームたっぷりのこの料理のように、あなたはとてもエネルギッシュです。さらに魅力を磨くには、スポーツをする習慣を持ち体力を増強しましょう。そうすれば、ますますアクティブに動けます。

■運命数2……お雑煮・人間関係を築くのが上手なムードメーカー
 人との調和を大切にし、なごやかなムードを好むあなたにぴったりのおもち料理は「お雑煮」。まろやかなだし汁におもちが入った温かなこの料理のように、あなたは誰とでもうまくやっていく協調性があり、みんなを温かく包みこめる人。さらに魅力を磨くには、心身が穏やかになる森林浴をするといいでしょう。

■運命数3……かきもち・好奇心旺盛なアイデアマン
 好奇心旺盛で、アイデア豊富なあなたにぴったりのおもち料理は、「かきもち」。これは、おもちを油で揚げて、塩か醤油をまぶすだけの簡単料理。でも、ちょっとめずらしい食べ方です。どんな味がするのか一度食べてみたいと、好奇心がくすぐられるでしょう。さらに魅力を磨くには、持ち前の社交性を活かして、人と人とを結びつける役目を積極的にするといいでしょう。

■運命数4……いそべ焼き・夢をかなえるために努力を惜しまない努力家
 あなたは、合理的で現実的な人です。そんなあなたにぴったりなおもち料理は、「いそべ焼き」。焼いたおもちに醤油をつけて、海苔を巻いた定番の食べ方です。あなたは地に足をつけ、無難な生き方をします。そして、確実に夢を現実にする努力ができるでしょう。さらに、魅力を磨くためには、何か買う時は高級で長く使える物を選ぶことです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング