板野友美は恋愛経験豊富!? 唇の形と厚さで恋愛運がわかる「唇占い」

ハピズム / 2013年2月21日 8時0分

写真

 春が近づくと、新色口紅が欲しくなるのはなぜでしょうか。実は、唇は人相の中で恋愛やセックスに最も関連が深い場所。色や形で、その人が持つ恋愛運や愛情パターン、恋の弱点などがわかってしまうのです。ですから、出会いの季節の春に、唇をぷるぷる恋愛仕様にしたくなるのも当然のこと。もともとの唇が、恋愛に縁遠いタイプでも大丈夫。口紅の塗り方や色で、恋愛運をアップさせることができます。

 今回は唇のタイプ別に、恋愛運とフォロー方法を解説しましょう。

■小さな口/千秋タイプ……恋に淡泊、片思いで終わってしまいがち
 内気でおとなしい性格。好きな人がいても、片思いのまま終わってしまいがち。恋愛に淡泊なため、好きになるのにも時間がかかります。身近に異性がいなければいないで、まったく平気な点も問題。フォロー方法としては、口紅を丸く大きめに塗りましょう。輪郭をリップペンシルでしっかりとって。色は、「薄付きのピンク」がオススメです。

■大きな口/アンジェリーナ・ジョリータイプ……恋に積極的だけど、押しが強い面も
 快活で積極的な性格。性的にも奔放で、性体験も早いほうでしょう。好きになったら一直線ですが、周りが見えなくなりがち。強引で押しが強いところがあり、本命とうまくいかないことが多いのが難点。フォロー方法としては、唇の山をしっかり描きましょう。そうすれば、世話好きで女性的な面が強調され、生来の積極性をいい意味に発揮することができます。

■唇が厚い/石原さとみタイプ……唇の厚さ分だけ愛情の深い人
 唇の厚さは、愛情の深さをあらわし、理想は上下同じくらいの厚さ。上唇が厚い人は気が強くて大胆、嫉妬心が強いタイプ。下唇が厚い人は寂しがりで愛され上手ですが、流されやすい点が弱点。上下とも厚い人は情熱家で精力的。男女ともに人気がありますが、好きではない人にまとわりつかれやすい点が問題。フォロー方法としては、上下の唇ができるだけ同じくらいになるようにリップペンシルで書き足します。上下厚い人は、唇の中心部分に薄い色の口紅を塗り、2色使いすると立体的な唇になりさらに魅力が増します。

■唇が薄い/広末涼子タイプ……同性に人気でも異性からは縁遠くなりがち
 唇が薄い人は知的でクールで、自立心旺盛。同性には人気があるのですが、感情表現が薄く、縁遠くなりがち。せっかく付き合うようになっても、甘えベタなため、誤解されやすいでしょう。フォロー方法としては、唇を大きめに描くのもいいのですが、より大事なのは「色ツヤ」。ピンクがオールマイティーに効果的ですが、積極性がほしい場合は「オレンジ系」もOK。さらに、グロスでツヤを与えるのが重要。カサカサ唇は問題外です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング