歌手・剛力彩芽の誕生で、彼女をまねした“ゴウリキラー”が全国に出現する!?

ハピズム / 2013年2月25日 9時0分

写真

――顔はその人の本質をあらわし、真実を宿す場所。顔面評論家で知られる池袋絵意知先生に、話題の芸能人の“顔”から、テレビだけではわからない、ホントの姿を検証してもらいます。

 剛力彩芽が、ソニーミュージックから歌手デビューすることが決まった。女優としては月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)で主演を務めていて、CMでも上戸彩からCM女王の座を奪う勢いで出演している。今夏デビュー予定で楽曲などの詳細は未定だが、剛力彩芽の今の顔から歌手としても成功するかどうかを占ってみよう。

 「また剛力か! ゴリ押しだろうがどっちだっていいだろ!」と、さすがにうんざりするくらい私も剛力の鑑定をしてきた。読者の皆さんも同じ気持ちだと思うし、アンチからしてみれば、女優、CM、そしてバラエティでも成功している剛力に対して、今度こそ失敗して「ざまぁw」と言いたいところだろうが、歌手・剛力彩芽は成功すると予想する。

 現時点でわかっているのは、4月から東京、札幌、名古屋、大阪、福岡で握手会を開催することと、そこでデビュー曲が披露される予定というだけ。ただ、ビヨンセやLADY GAGAの振り付けを担当し、剛力のダンスを指導したことがあるダンサーのシェリル・ムラカミが「彩芽は3拍子そろった才能の塊だわ。演技が出来て、踊れて、歌える。それに、スーパーカワイイ!!」とコメントを寄せていることから、ダンサブルな曲になるのは間違いない。

 公開されたアーティスト写真は、黒のパンツにグレーのパーカーのフードを被り、手首にアクセサリーをたくさんつけた剛力の姿。飢えた雌豹を思わせるスタイルでなかなかカッコイイが、注目すべきはメイクだ。最近の剛力は以前と比べてアイシャドーの色が濃くなり、ブラウンのアイシャドーをまぶたいっぱいまで塗っているが、この写真では更に濃くなっている。上まぶただけでなく、下まぶたまでアイラインを入れていて、まつげのマスカラも上下とも多いように見える。目尻が思いっきり上がっている超ツリ目になっているのだ。

 このアイメイクによって、もともとの「上がり目で信念を貫き通す我の強さがある顔相」が強調されて、アグレッシブ感を前面に出している。ドラマやCMでは、ナチュラルで爽やかなイメージの剛力だが、歌手では攻撃的で激しいイメージでいくのではないだろうか?

 眉のメイクも、女優モードの時より太く濃くしている。意志の強さや上昇志向の強さを強調していて、歌手・剛力彩芽は、女優・CMタレントの剛力彩芽とはまったく別のキャラクターで売っていこうとしていると見て間違いない。女優が人気に乗じてCDを出したパターンの武井咲と違って、たった1枚の写真から“アーティスト・AYAME GORIKI”として本気で売り出そうとしているのがわかる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング