スピリチュアル女子大生CHIEの冠番組決定!TVメディアにスピブーム再燃!?

ハピズム / 2013年3月11日 9時0分

写真

 昨年末、彗星のように現われ世間の注目を浴びているスピリチュアル女子大生CHIE。ベッキーの祖母が亡くなる前の最期の言葉や、小森純のペニオク騒動を言い当てるなど、数々の鑑定を的中させたことで話題となった。

 いろいろな番組にゲスト出演していた彼女だが、ついに冠番組が4月9日からはじまる。それが、テレビ東京系ではじまるバラエティー番組『おしかけスピリチュアル』だ。この番組は、2012年12月30日に特番として放送されたが、そのときの評判を受けてのレギュラー化になる。

■親近感のある、新しいスピリチュアルスタイル

 CHIEの鑑定能力の高さが話題になって、ついに冠番組がと誰しも思うかもしれないが、実は彼女の魅力はそこではなかったりする。

 確かな鑑定能力を誇るCHIE、と言いたいところだが、実はちょこちょこ鑑定を外していたりもしている。しかもそれはテレビでオンエアーされているので、CHIEが鑑定を外す場面を見たことがある人もいるはず。でも逆にそれが、今の彼女のブレイクにつながっていることは間違いない。

 鑑定や予言が外れてしまうことは、スピリチュアルタレントにとっては一種、最大のタブー。絶対にやってはいけないこと……だったのはもう過去のこと。今の視聴者は目が肥えていて、逆に、すべてが当たってしまうと、なんだかおかしいと思って「やらせ」疑惑が浮上してしまう。

 彼女の一見普通の女子大生にしかみえないキャラクターも手伝って、外したとしても等身大の鑑定と思われ、信頼度は落ちないのである。むしろ、今までのスピリチュアルタレントとは違って、盲目的に信じるファンが付くわけではなく、彼女の成長を見守っていこうという、独特な立ち位置の視聴者もいるほど。CHIEには、スピリチュアルタレントでありながらも、神や預言者のように見られることはなく、等身大の親近感があるのだ。

■スピリチュアルタレントの新しいカタチ

 これまでもテレビには多くのスピリチュアルタレントが登場した。とくに細木数子、江原啓之などは一世を風靡したが、そこに共通するのは“絶対性”だ。

 この人がこう言ったのだから、こうしろと言ったのだから、信じる人なら彼らの言葉を聞いて、妄信的に信じきってしまう。神や預言者からから命令を下されたように感じてしまう。そしてそれが絶対的に正しいと。

 ただ、CHIEの言葉は違う。極めてソフトで、物腰も柔らかい。彼女のTwitterをのぞけば、それはすぐにわかる。顔文字を多用したキャピキャピした文面。本当に普通の女子大生がそこにはいる。今までのスピリチュアルタレントの言葉は絶対的なものとして我々に伝えられたが、彼女の言葉に関していえば、いい意味で絶対ではない。CHIEがこう言ってたなぁ、と考える余地を残してくれる。だからこそ、彼女は今までのスピリチュアルタレントとは違う感覚で世間にむかえられている。新しいスタイルの次世代スピリチュアタレントと言ってもいいだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング