2年以内に「首都圏直下型地震」「富士山噴火」の可能性を学者が示唆

ハピズム / 2013年3月14日 17時0分

写真

 今、箱根で火山性小規模地震が多発している。今年に入ってその回数は、なんと1700回以上に達し、「箱根山噴火の前ぶれ」「富士山噴火」「首都直下型地震」との関連を指摘する学者も増えた。

 2月10日には、大湧谷で震度5の地震が発生。箱根ロープウェイが止まったという情報がTwitter上で流れ、一時騒然となった。現地の人の話では、いきなり「ズドーン」という、大きな音が響いて地面が跳ね上がり、体がよろけて倒れそうになったという。また別の人は、近くでガス爆発でもあったのかと思ったそうだ。

 だが、おかしなことに、気象庁の地震情報では発表がなかったというのだ。後になって知ったのは、「震度5」は箱根ロープウェイで独自に設置した地震計が記録したもので、8キロほど離れた箱根湯本にある気象庁の地震計では、震度1以上の有感地震は記録されていなかったという。つまり、超局地的な地震だったということだ。

 気象庁や、箱根山の火山活動を調査している神奈川県温泉地学研究所(温地研)の観測では、今年に入って「やや活発な地震活動が起きている」としているが、その影響については「今のところ直ちに危険という状況にはない」という。

■2年以内に首都圏直下型地震の可能性!?

 これに対し、地殻活動の専門家で元前橋工科大学教授の濱嶌良吉氏は、こう異を唱えた。「箱根で頻発している地震と、箱根山の噴火は無関係ではありません。一つの火山帯である日本国内での地震と、火山活動を切り離すことはできません。さらに箱根山の噴火はすぐ近くにある富士山の噴火とイコールと考えていいでしょう」

 つまり、箱根山が本格的に噴火すると同時に、富士山も噴火を始めるというのだ。だが、それだけではない。「私の研究では、近く富士山の噴火と同時に首都圏直下型の地震が発生します」と発言。時期としては、「この2年以内には起きるでしょう」とのことだ。

 富士山の噴火が首都直下型地震と結びつく根拠のほどは不明だが、富士山については、琉球大学の木村政昭名誉教授も以前から警告を発している。

■2年以内に、富士山が噴火する可能性も!?

 木村教授は、火山活動と巨大地震の発生メカニズムを研究し、これまで数多くの大地震の予知に成功してきた。たとえば「伊豆大島・三原山噴火(1976年)」「阪神・淡路大震災(1995年)」「新潟県中越地震(2004年)」「東日本大震災(2011年」などだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング