またチベットで焼身自殺! 凄まじい痛みを伴うにもかかわらず、チベット族が「焼身自殺」を選ぶ理由

ハピズム / 2013年3月25日 19時0分

写真

 米政府系放送局ラジオ自由アジアによると、去る3月24日、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州で、チベット族の女性が中国当局の高圧的な統治に抗議して焼身自殺した。

 中国政府の発表によると、同国内にて焼身自殺を図ったチベット族が、2009年2月、ついに100人を超え、今回の事件により、未遂を含めて実に110人ものチベット族が焼身自殺を計ったとされている。

 中国政府は、焼身自殺をやめるように呼びかけているものの、ここ最近ますます増加する傾向にある。

 ただ、同国の報道規制を考えると、この数もある程度統制されたものだというのは、想像に難くない。中国西南部を占める区域自治区であるチベットは、マスコミの取材や写真撮影はすべて禁止されており、焼身自殺や暴動などが起きている背景や街の様子は一切伝えられないまま今日に至っている。その背景には、1949年の毛沢東率いる中国共産党のチベット侵攻に始まる、半世紀以上の差別的支配が根強く潜んでいるのだ。

■チベット族が「焼身自殺」を選ぶ理由

 イスラム教と違い、仏教やヒンドゥー教において、焼身自殺という行為自体は、けして禁忌ということはなく、何世紀にもわたって行われてきた。特に、インドではそうである。

 焼身自殺の苦痛は想像を絶するとされ、死因は「呼吸困難」「出血」以外に、「凄まじい痛みによるショック死」があるそうだ。今年の2月には「ダライ・ラマ万歳!」と叫びながら焼身自殺をしたチベット族の男性僧侶がニュースになったが、炎に包まれながら叫ぶ姿は、“訴える”ための自殺としては最も効果があるかもしれない。

 また、「焼身自殺」を選ぶのには、チベットに伝わる宗教観が影響を与えていることも事実だ。

 チベット仏教は、7世紀頃インドからチベットに伝わった仏教の一派であり、密教的イメージが強いが、チベット人固有のものではなく、広く普遍性を持っている。その本質は、「空の思想」、つまり、「一切の法は空であって、実在しない」と説く中観思想というものであり、仏教哲学諸学派の思想の中で、最高のものと考えられてきたのである。そして、西洋的な「死=絶対的破滅」という考えと違い、「死」は輪廻転生の一通過地点にすぎず、人間は「死」「中有」「生」と、輪廻を繰り返していくとされている。

 また、チベット仏教ではこの三事を清めて、仏の「三身」にまで高めていく過程で、「輪廻」を断ち切り、「クリアライト(純粋な光)」との融合を図る行法があり、それが『チベット死者の書』と呼ばれる教典に記されている。それによると、死者はまず、非常な畏怖を覚えるまばゆい光に出会い、これに勇気を持って飛び込めば、真理に融化し、成仏するのだという。そうでないと7日後にまた別の光に直面して、同じような状況に立たされ……。このようなことが7日まいに、49日まで繰り返されるというのだ。そして、光への融化がなければ、その後、死者の生前の行為や心に応じて「地獄」「畜生」「人間」など、6つの世界のいずれかに生きているものの胎に入り、「三身」になるまで、グルグルと輪廻し続けるという。

 この宗教観を踏まえると、チベットの僧侶たちは、どんなに訴えても、中国政府の制圧から逃れられない現状(この世)では、もう打開できないことを悟り、来世で道を切り開くために、自ら焼身自殺によって、いったん現状の流れを断ち切ろうとしているのかもしれない。また、まばゆい炎を「クリアライト(純粋な光)」と見立て、少しでも三身に近づこうとしているのかもしれない。

 チベットの多くの僧侶たちは、チベット国家をなきものにしようとした毛沢東政権下で拘束され、時には地面に掘られた巨大な穴に放り込まれて、糞尿をまき散らされて生き埋めにされるようなこともあったという。この聞くもおぞましい非人間的な殺戮行為が、国家と民族のカルマとして残らないはずがない。焼身自殺という行為は、どうしようもない現実をただ悲観するものではなく、輪廻転生の中における、1つの打開策なのだろう。

ハピズム

トピックスRSS

ランキング