“指原さま”こと指原莉乃、AKB総選挙トップ3入りは顔相から見て可能性大!

ハピズム / 2013年6月1日 12時30分

写真

――顔はその人の本質をあらわし、真実を宿す場所。顔面評論家で知られる池袋絵意知先生に、話題の芸能人の“顔”から、テレビだけではわからない、ホントの姿を検証してもらいます。

 AKB48の32ndシングルを歌う選抜メンバーを選ぶ「第5回AKB選抜総選挙」の初日開票速報で、HKT48の指原莉乃が暫定首位に立った。しかも、2位の渡辺麻友、3位の大島優子(前回首位)の優勝候補2人にほぼダブルスコアの2万8,563票を獲得。このまま1位をキープすることができるか、それとも順位を下げるのか? 顔から占ってみよう。

 「また指原か!」と、この連載で5度目の鑑定となる指原の名前を見てさすがにうんざりした。「“あの”剛力彩芽よりも多いではないか!」と……。速報で15位、20位と出遅れた篠田麻里子、小嶋陽菜から「指原さま」とネタにされ、大島優子からも「指原さまがいるので(連覇が)わからなくなった」といじられるなど、運営側にとっていい話題の提供となった。

 いろんな思惑があっての“アレ”が見え見えで、こういう茶番に付き合うのがAKBの楽しみ方なのはわかっていても、“絶対的エース”の前田敦子が抜けたことで、指原しかネタになる駒がいないのかと……。なんて不満に思いながら、指原の最近の顔を見てみると、「あれ? イイ顔をしているじゃないか!」。

 昨年、「週刊文春」(文藝春秋)での元彼による「AKB48指原莉乃は超肉食系でした」告白により、HKT48に移籍した指原だが、すべてをネタにしてこの芸能界を生き抜いてやろうと吹っ切れたのか、余裕すら感じる顔をしている。例えるならば、「恐れを知らない子犬のように」表情を作った、わざと調子ぶっこいた顔が逆にカワイイ。

 そこで改めて、この連載で過去4度鑑定した指原の原稿を見てみると、ハピズムさんからの指原莉乃指定は1度だけで、あとの3回は「AKB48」というテーマの中で私自身が指原を選んでいたことが発覚した! 「美人」か「不美人」か「カワイイ」か「ブサイク」かについては、以前書いたのでこの際、置いておいて、指原の顔は「気になる」「引っかかりのある」「個性的」、そして「運がいい」顔であることは確かなようだ。

 そんな個性的な指原の顔の中で、1番の特徴といえば、左右が非対称の目。目が左右で微妙に違うと、ブスにも魅力的にも見えるボーダーラインの顔になる。指原の場合は、左目(向かって右)の黒目がやや外側にあり、それが違和感に感じるのか、セクシーに感じるのか、微妙なラインだった。それが、見慣れることで違和感がなくなってきたのだが、それだけでなく、指原自身も「可愛く見える角度」を研究しているようで、写真では特に可愛く撮れていることが多い。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング