“あのCM”に出ると芸能界から消える!? 芸能界の怖いジンクスを話題の霊能者が斬る!!

ハピズム / 2013年6月18日 13時59分

写真

 こないだまで雑誌の表紙を飾り、テレビにも出ていた女優や芸人。しかしある時、忽然とメディアから姿を消してしまうことがある。

そんな怪奇現象について、テレビをはじめ、メディアに多数出演、風俗から永田町まですべての業界を知り尽くした話題の霊能者エスパー・小林に聞いてみた。 

「芸能界で何が大切かって“運”だよね。あそこは1番運気が作用する業界。だから、そういうことは顕著にあらわれるよ。たとえば、某有名CMの、あのファミリー以外の人間が出ると、数カ月後、見なくなったりする。今もなんかミュージシャンが出てるから注目だね。あとは、某大河ドラマの主演女優。これも意外と運を下げるんだよ。もちろん乗り越えた人もいるけど、なんか調子悪くなるよね。女優のAも、Yも、Jも。出る前はもっと勢いがあったのに、あのドラマに出たことで影響力が減った」

 しかし、なぜそういうことが起こるのか……?

「運気って基本的に人との出会いや、住んでる場所、活動する場所で大きく変化する。だから、そういったCMやドラマも、撮影現場の場所やスタッフの気が影響しているんだろうね」

 一般人にも、そういった運気の流れの変化は起こるものなのだろうか? 再度話を聞いてみた。

「もちろん、一般人だって運気の変化はいつでも起こる。男女の恋愛は特に顕著にそれがわかるよ。運のいい人と付き合ってると、自分も運気が上がる。運気がいい人といると、活動する場所も運気のいい場所になる。だから、自分の運気を上げるために“運がよさそうな人”を恋人に選ぶのは間違ってないよ。そういう欲はあっていいんですよ。それで関係がうまくいくならいいじゃない。たとえばさ、これは恋愛じゃないけど、黒澤明だって、三船敏郎とコンビを組んでいた時は、輝いていたよね。でも、仲代達也になっったら、彼はいい役者だけど、どうもカリスマ性のようなものがなくなった。だから、コンビっていうのはすごく大切なんだよ。でも、相性の問題もあるよ。勝新太郎の場合、黒澤明との出会いがきっかけでトラブル起こして、俳優としてもパッとしなくなったし、息子が殺陣師を殺してしまったり……と、運気が下がる一方だったね。だから、恋愛の場合も、その人と一緒にいて、なんとなく“自分の運気がいい方向に向かってるな”って思わなければ、どんなに相手が強運の持ち主でも、別れるのがいいんじゃないかな」

 芸能界だからこそ、“縁”がその後の人生を大きく左右するようだが、一般人も、“運気の流れ”を意識したほうが成功をつかみやすく、そのためにはラッキーカラーを身につけたり、開運料理を食べるなどするといいそうだ。

ハピズム

トピックスRSS

ランキング