ペルセウス座流星群、見頃は8月12〜13日!1時間に60個の流れ星が見られる!!

ハピズム / 2013年8月11日 17時0分

写真

 夏の最大の天文ショーは、何といっても「ペルセウス座流星群」! ペルセウス座流星群とは、夜空のペルセウス座の一点から四方八方に飛び出す大量の流れ星のことです。夜空に爪痕を残すように流れていく星の数々はとても美しく幻想的。見ればロマンチックな気分になれること間違いなし!

 ペルセウル流星群は毎年観測期間が異なり、今年は8月7日から15日まで。なかでも、8月12日、13日がいちばんの見頃! この日は1時間あたり30個から60個の大量の流星が出現すると予測。他の日は1時間に20個程度)なので、ぜひこの日に狙いを定めて観測することをオススメします。

■2013年は、ぺルセウス座流星群を見るのに最適な年!

 月の明かりは流星群を見るのに邪魔になります。ところが今年は、流星群の活発な時間帯が、たまたま月が沈む時間帯と重なるという幸運に恵まれるのため、例年よりも観測に最適。8月12日は月が夜半前には沈み、流星群の活動がピークになる13日の深夜から明け方には、月の明かりがまったくなくなります。夜空が暗いほど流星ははっきり見えるから、観測には最高の条件! このような月の現象は2021年までないそうなので、ぜひ今年迫力満点の流星群を、逃さずに見ておきたいところです。

■ペルセウス座流星群、狙うはこの時間&場所

 流星群がいちばん出現するのは、13日の午前3時です。ちょっと眠いかもしれませんが、この時間に狙いを定めて観測すれば、最も美しい天体イベントを目の当たりにできます。

 ペルセウス座流星群は全天に流れます。たとえば、南の空に星が流れた後には、北の空に流れていくのです。見る方角は気にせず、できるだけ空が広く見渡せる、見晴らしのいい場所で観察しましょう。また、暗い場所の方がキレイ見えるので、街灯が多く明るい大きな都市からは離れるのがベストです。天の川が見えるくらいクリアな星空のもとがいちばん理想的。人里離れた、とにかく暗いところを陣取り星の輝きを満喫しましょう。

■ペルセウス座流星群のベストな観測方法

 ペルセウス座流星群を見るのに、天体望遠鏡などの特別な道具は入りません。肉眼で夜空を見てさえいればいいのです。ただ、立って長時間夜空を見ているのは疲れるので、できれば寝転がって楽な姿勢で見ましょう。レジャーシート、サマーベットなどを用意すればより快適に観測できます。また、流星は数個連続で飛んだかと思えば、その後はしばらく出ないということが繰り返されます。星空を満喫するには、気長に観測することが大切です。流星群観測は持久戦になりますが、粘るだけの甲斐はあると誰もが思う美しさなのです。

 昔から、流れ星が流れている間に願いをかけるとかなうと言われています。ぜひ、ペルセウス座流星群を見ながら、大切な願いごとをしてみてはいかがでしょうか? ただ、必ずしも流星群のピーク時に天気がいいとは限りませんので、その点はご注意を。必ず天気予報をチェックして観測日時を決めましょう。
(紅たき)

ハピズム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング