安倍首相「コントロール」発言の舞台裏 知ってて報道しない歪なマスコミ

ハピズム / 2013年9月14日 20時0分

写真

 こんにちは、陰謀社会学研究科家の聖橋乱丸である。

さて、オリンピックの招致でもう1つ話題になっていることがある。安倍首相のスピーチ、そして質疑応答の中で「福島第一原発はコントロール下にある」と発言したことだ。

日本におけるマスコミ各社と、反原発派は、すぐにその言葉尻だけをとらえて安倍首相を「うそつき」と言っている。

ワイドショー的なニュース番組を筆頭に、一部のマスコミは3.11以降、こぞって「反原発」を報道の中心に添えた。そして、いつの間にか異常気象が起きても、「温暖化」について報道することはなくなり、火力発電と化石燃料の燃焼を推進してきた。

ここで原子力発電の是非に関して議論する気は毛頭ない。しかし、安倍首相の「コントロール」という発言に対して一斉に反応したのは、そういった報道を繰り返すマスコミだ。
同時に、東京電力はこの安倍首相の発言に対し、抗議文を出したという話も伝わってきている。真意はわからないが、東京電力は、自分たちで原発を制御できなかったにもかかわらず、その責任を棚に上げて、安倍首相に抗議文を出すとは恐れ入ったものである。

さて、この内容に関しても、国際オリンピック委員会(IOC)総会の開催地・ブエノスアイレスに行った友人たちから、その裏話が入ってきている。

■現場は知っている! 招致団と高円宮久子妃殿下のおかれた“状況”
 そもそも「震災関連」はすべて高円宮久子妃殿下のスピーチの範疇であった。

 しかし、オリンピック招致団は、宮内庁の「政治利用にあたるのではないか」という解釈の齟齬から、思わぬ抵抗を受けた。

 さらに、都議会民主党が「皇室を政治利用し、五輪に関する一切の議論を封殺するがごとき危険な側面を持つ」と、皇太子さまへの協力要請中止を求める「申入書」まで都知事に提出。

 そして、風岡典之宮内庁長官が「苦渋の決断」と発言したのに対し、菅義偉官房長官が「非常に違和感を感じている」と、反論する場面があるなど、状況は複雑だった。

 そのため、オリンピック招致団は久子妃殿下と、事前にスピーチの内容のすり合わせができていなかったのである。このことは久子妃殿下の「私たちのような皇族がこのように話をすることは初めてかもしれません」というスピーチにも表れている。

このために、最終プレゼンの直前の記者会見において、日本の招致団は福島原発の汚染水問題に関する想定問答集を持っておらず、汚染水問題に対する質問の回答が統一性のないものになってしまったのだ。そのため、海外の記者からも「失望した」「意図を理解しない答え」などと声が上がり、「汚染水問題によって、東京オリンピックの招致は不可能」といった観測も流れたのである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング