スムージーはホットでも作れる! パリセレブご用達の「SHIGETA」主宰が考案

ハピプラニュース / 2014年10月31日 6時53分

写真

スムージーはホットでも作れる! パリセレブご用達の「SHIGETA」主宰が考案

健康と美容に気を遣う女子のたしなみドリンク、スムージー。自宅で作る人も多いのはないでしょうか。スムージーといえば生の野菜や果物を使い、生きた酵素がたっぷり入っていることから加熱を避けるものと考えられがちですが、実はホットでも味わうことができるのです。

ホットでも楽しめるスムージーを考案したのは、パリのセレブご用達のオーガニックコスメブランド「SHIGETA(シゲタ)」主宰・Chico SHIGETAさん。「『恋がテーマのスムージー』を作ってほしい」とのオファーから、りんごのほのかな甘みとレモンの酸味が爽やかなホットスムージーに仕上げたといいます。

ホットスムージーを作る際、野菜や果物の栄養素を活かすために気をつけたいのは食材選び。たとえば、Chicoさんのホットスムージーのメイン食材であるりんごは、加熱することで水溶性の食物繊維「ペクチン」の体内吸収率がアップし、便秘解消に効果大。また、血行促進や冷え性予防の効果も加熱によって高まるのだとか。

また、Chicoさん考案のホットスムージーには、りんごとレモンの他に、話題のスーパーフードや酵素と鉄分が豊富なレッドマカ、疲労回復に効果があるとされるゴジベリー、肌ツヤを増してくれるアーモンドなどの成分も多く配合。こうした食材をうまく組み合わせれば、寒い時期のスムージーラインナップも増えそうです。

ちなみに、このホットスムージーは、東京・代官山の「コスメキッチン ジューサリー」とのコラボメニュー。11月1日から同店で味わうことができます。ぜひ足を運んでみて。

HAPPY PLUS

トピックスRSS

ランキング