抹茶とビールは意外に合う!? 東京・御茶ノ水のレストランで「抹茶ビール」が話題

ハピプラニュース / 2014年11月22日 7時5分

写真

抹茶とビールは意外に合う!? 東京・御茶ノ水のレストランで「抹茶ビール」が話題

秋が深まると食べたくなる抹茶スイーツたち。抹茶アイスに抹茶プリン、抹茶チョコ。洋風スイーツとの相性も抜群で、ほどよい“和”を感じてほっこりしますよね。しかしそんな日本人の抹茶好きは、ついにスイーツの域を超えてしまったようです。

かつて誰も思いつかなかった抹茶とのコラボ、それが「抹茶ビール」です。この驚きのビールを提供しているのは、東京・御茶ノ水のレストラン「GREEN TEA RESTAURANT(グリーンティー) レストラン 1899 OCHANOMIZU」。「日本茶を食す」をコンセプトに、北海道産男爵芋のポテトサラダに抹茶を練り込んだ「抹茶ぽてとサラダ」や「煎茶ドレッシングのサラダ」などのユニークなメニューで人気のレストランです。

お茶にとことんこだわったメニューの中、ディナータイムで一番人気のドリンクとなっているのが「1899抹茶ビール」。同店独自の方法でブレンドされた抹茶とビールは意外にも相性が良く、実際に飲んだ人からは「ビールのほろ苦さと抹茶の苦味が合う」「ビールのネガティヴな香りが抹茶の香りで包まれ、確かに抹茶を感じることができる」といった感想が寄せられているのだとか。中には、2回3回とリピートする人も多いといいます。

また、ビールを飲みながらにして、抹茶に含まれるカテキンやテアニン、ビタミンC、食物繊維を摂取できるのも「抹茶ビール」ならではのポイント。抹茶の新しい魅力を開拓してみては?

HAPPY PLUS

トピックスRSS

ランキング