あのドレスやアクセサリーを生で見られる! ディオールの歴史を紐解く展示

ハピプラニュース / 2014年12月6日 8時50分

写真

あのドレスやアクセサリーを生で見られる! ディオールの歴史を紐解く展示

日本でも絶大な人気を誇るフランスのファッションブランド「Dior(ディオール)」。ファッションのみならず、フレグランス、アパレル、ジュエリー、コスメなど、多岐に渡り展開しており、シャネル、ジンバシィなどに並ぶ世界を代表するブランドであることは言うまでもありません。

そんな同ブランドの軌跡を辿る展覧会「エスプリ ディオール-ディオールの世界」が現在、東京・銀座にて入場無料で開催中。創始者であるクリスチャン・ディオールから後継者ラフ・シモンズの時代まで、歴史を紐解いています。

展示は、フレグランスをはじめ、アクセサリー、ドレス、 資料・写真などの4部構成。なかでも資料・写真のスペースでは、ダイアナ妃のオフィシャルフォトグラファー・パトリック・デマルシェリエによって、ディオールが創造した数々のモデルと彼の後継者たちを写真で紹介しています。

また、世界各国のさまざまな芸術家にインスパイアされて作られたコレクション「ディオールと芸術家」のスペースでは、葛飾北斎へオマージュを捧げたコートを展示。首周りを囲む大きな襟が特徴でボリューム感のある生成りのロングコートは、下半身部分に同氏の代表作「富嶽三十六景」があしらわれています。

女性の憧れが詰まった「エスプリ ディオール-ディオールの世界」を見れば、女子力を刺激されること間違いなし。来年1月4日まで行われているので、ぜひその世界観を味わってきて!

HAPPY PLUS

トピックスRSS

ランキング