リアル「下町ロケット」な企業も。プロが選ぶ先端技術分野の企業で一押しな銘柄6選

HARBOR BUSINESS Online / 2019年1月23日 15時31分

写真

アベノミクス開始から6年、第3の矢・成長戦略の中核をなす「未来投資戦略2018」の重要分野の企業は、好業績の期待大!

 日経平均が2万4000円台を突破したのも束の間、その後の全体相場は荒れ模様。だが、個別に見れば、株価が2倍以上に化けそうな銘柄が潜んでいる。今のうちに仕込んで、平成最後の年にハイリターンをゲットしよう!

◆成長戦略の中核! 政府が後押しする先端技術企業とは?

「内閣府の『未来投資戦略2018』には、頻出するキーワードがいくつかあり、特に目立つのがAI、IoT、自動走行です。これらに関わる企業は、国策という追い風を受けるでしょうね」

 ストックウェザー『兜町カタリスト』編集長の櫻井英明氏は、“国策銘柄”が今後、高騰する可能性を指摘する。

 政府はAIやIoTなど、第4次産業革命技術による『Society5.0(超スマート社会)』の実現を目指しており、今後の成長戦略の大きな柱に据えている。牽引役の経産省はAI戦略のなかで、ブロックチェーンやキャッシュレスにも言及しているくらいだが、「本来、財務省マターですが、ここまで踏み込んでいることからも、政府の本気度が窺える」(櫻井氏)という。

 では、先進技術分野を手掛ける企業のなかでイチ押しなのはどこなのか。櫻井氏はまず、セックを挙げる。

「今はモノをつくっている会社より、モノをつくっていないことがプライオリティ。先端分野でも、ソフトウェアを手掛ける企業に注目したい。セックは自動走行、AI、ロボットの研究開発を手掛け、受注は自動車会社の自動走行システムが多いが、実は、小型惑星探査機・はやぶさを7年がかりで地球に帰還させたのは、JAXAでも三菱重工でもなく、同社のリアルタイムソフト技術。ドラマ『下町ロケット』に登場するような、宇宙ロケットの部品をつくる会社はちらほらあるが、ソフトをつくる会社はそうはない。『下町ロケット』は舞台を宇宙から農業へ移したが、セックはトラクターの自動走行技術も手掛けていますよ(笑)」

“リアル下町ロケット”を彷彿とさせるセックは今期、3回も業績を上方修正。創業半世紀近くの歴史で、初めて3期連続の増収増益を射程に収めており、今後、高騰する期待大だ。

◆強力な追い風! 医療分野に注目

 次に櫻井氏が推奨するのは、社会保障費の増加が国家財政を圧迫する一因となっている医療分野の銘柄だという。

「カルテの電子化を手掛けるメディカル・データ・ビジョンも注目です。実は、どの薬をどの病院でどれだけ投与しているか、というデータはほとんどない。そんななか、医療データのネットワーク化の先頭を走っている。面白い話があって、ある病院で乳がんの制がん剤の使用が急増していたが、この病院は消化器系のがんに効くからと、乳がんではない患者に投与していた。製薬会社も知らなかったその事実を、同社が明らかにしたのです。昨年の段階で同社が所有する投薬データは国民の7分の1程度だった。それが今や、5分の1と急伸している。ビッグデータを持つ強みもさることながら、カルテが電子化されれば医療費の抑制や医療現場の効率化に繋がる。また、同社の技術を導入した病院では、診察後に料金をキャッシュレスで会計し、長時間待たずとも済むようになった」

HARBOR BUSINESS Online

トピックスRSS

ランキング