今夏の選挙で野党の勝敗を分けるものとは?<小沢一郎ロングインタビュー第1回>

HARBOR BUSINESS Online / 2019年6月14日 8時32分

写真

「結集」──小沢一郎氏が代表を務めた自由党のポスターにあった2文字が今、実現に向け動き出した。4月26日未明、国民民主党と自由党が合流を決定。野党統一候補の調整が進む中、今夏に行われる参議院選挙のカギを握る小沢氏に戦略・戦術を聞いた。

◆枝野代表が決断すれば、野党の大同団結はすぐに実現できる

「野党は一つにまとまらなくてはならない」と訴え続けている小沢一郎氏。玉木雄一郎・国民民主党代表に請われ、総合選挙対策本部長相談役への就任が決まった。選挙実務への知識と経験に対する期待は党内に根強い。野党の参院選への取り組み、情勢をどう見るか。

「まだまだダメですね。このままだとボロ負けしてしまう。何とか勝って、安倍内閣には退陣してもらわないと」

 枝野幸男・立憲民主党代表は5月17日、全国幹事長会議で「立憲の旗を高く掲げて戦うと同時に、野党第1党の責任として野党の勢力を最大化する」とぶち上げた。4月9日の衆議院沖縄3区補欠選挙での勝利を機に、枝野代表はそれまでの慎重姿勢から一転。野党共闘に舵を切ったかに見える。

「野党が圧勝するかどうかは、すべて枝野代表にかかっている。枝野代表が決断しさえすれば、野党の大同団結はすぐに実現できます。玉木代表も『枝野代表が旗を振るのなら、私はいつでも参加する』と言っている。野田佳彦元首相も岡田克也元外相も、恐らく同じだと思います。枝野代表の『君子豹変』に期待するしかありません。

僕の役割は真の野党共闘に向けた雰囲気を作っていくこと。みんなそう思っていても、表立って口にする人はなかなかいません。ある調査によれば、立憲支持者のうち『野党は連携して選挙に臨んだほうがいい』と考える人は8~9割にも及んでいる。

そうした情報が枝野代表の耳にも少しずつ入ってきているんでしょう。決断をうながすよう、国民から声が上がるような方法を考えないといけない」

◆選挙から足が遠のいている2000万人の存在

 参院選の結果は政権交代に直結はしない。だが、与党が敗れれば安倍内閣は退陣せざるを得ないだろう。衆議院解散の目はなくなったように見えるが、仮に衆参同日選となれば政権選択の選挙となる。衆院選は「首相を選ぶ選挙」でもある。野党側は首相候補として第1党の党首・枝野氏を担いで戦う。

「2017年衆院選後の特別国会での首班指名選挙でも、僕ら旧自由党の議員は枝野代表に投票した。代表とはその後、何度か会談しましたが、最終的に『立憲は立憲でやる。自由党さんは自由党さんでやってください』となった。

これではどうしようもありません。次善の策として、並行して声がかかっていた国民民主党と話し合いを始め、合併が実現した。これは第一歩というより、野党がまとまる一つのきっかけです」

 新聞やテレビが「安倍一強」を報じるなか、小沢氏は「政権交代は100%可能」と断言してきた。

「根拠となる数字はいくつかあります。民主党が政権を取った2009年の衆院選は投票率が約70%。それ以降はほぼ50%前後に止まっています。20%近く、約2000万人が減っている。恐らくは『政権交代が期待できない』と足が遠のいてしまったんでしょう。

分析してみると、そのうちの7~8割は自民批判票、野党票です。だから『政権が変わるかもしれない』というくらい、野党のカタマリが期待を集められれば、その2000万人が投票所に来ます。そうなれば、野党は絶対に圧勝できる。それだけのことです」

 2009年衆院選で自民党は約1800万票を獲得。直近の2017年衆院選でも1800万票。一方、2017年衆院選では立憲民主党と旧希望の党の得票が合計で2000万票を超え、自民党を上回っている。しかし、今年5月に行われた共同通信社の世論調査によれば、新生国民民主党の支持率はわずか0.9%。参院選に弾みをつける秘策はあるのだろうか。

◆日常の政治活動を「古い」と言ってしまうようでは、政権はとれない

「選挙戦術的な面から言うと、旧民主党系の皆さんは日常の政治活動が足りません。これでは勝てるわけがない。自民党はとにかく、日常活動を一生懸命やっています。冠婚葬祭や小さな集会にも顔を出し、街を歩いて有権者一人一人と握手して支持を訴える。『この点だけは自民党に学べ』と僕は言い続けているんです。

ところが、『それは古いやり方だ』と反論されてしまう。『日常活動をしないで、どうやって有権者と意思疎通するんだ?』と聞くと、『インターネットを使います』と言う。でも、人間はデジタルじゃなくアナログな存在です。直接話さなければ、国民の気持ちはわかりません」

 小沢氏には忘れられない思い出がある。20数年前に訪英したときのこと。ロンドンで月曜日に会談した当時の外相がこう言った。

「先週の金曜日には中東を訪問しました。帰国後、土曜日、日曜日は選挙区で運動。今朝戻って、あなたがたと会っている」

 小沢氏は驚いた。

「現職の閣僚でもそんなに選挙活動をしているんですか?」

 外相は即答した。

「当然です。選挙民と接触し、意思疎通をするのは民主主義の基本。政治家の側から言えば、当然払うべきコストです」

 議会制民主主義では先端を走っているといわれる英国。保守党だけでなく、労働党の国会議員も地元での活動は精力的に行っている。

「当選回数1~2回の皆さんを、いちど英国に連れて行きたいくらいです。日常の政治活動を『古い』と感じてしまうようでは、政権は取れません」

 小沢氏は自民党時代、農協や医師会などの推薦を受けたことはない。党幹事長になっても、組織・団体票とは無縁の選挙戦だった。

「組織・団体票はそれほどあてになりません。それよりも自分自身の人間関係を作り上げること。そのためにも、日常の政治活動はやらざるを得ないものなんです」

◆「オリーブの木」方式で一体となって戦えば、野党は負けるわけがない

 自民党の選挙戦を差配するのは二階俊博幹事長と甘利明選挙対策委員長。小沢氏の目には古巣の選挙戦術はどう映っているのだろう。

「かつての自民党では幹事長のもと、総務局長が選挙戦をすべて指揮していました。総務局長は経理局長と並んでエリートコースだった(小沢氏は総務局長、幹事長を歴任)。少なくとも、かつての総務局長はたいへんな権限を持っていたし、実力が要求されました。でも、最近では何でも官邸主導。選挙対策に限らず、自民党の各部署は色あせてしまったんじゃないでしょうか」

 自公政権の目的は「政権にあり続けること」のようにも見える。一方、野党側にも政権への執着心、政権を奪ってやろうという気概は感じられない。

「この点も学ばないといけない。品のいい言葉で言えば“志”、少々イメージの悪い表現を使うと、“欲”が必要なんです。現実の政治にはそうしたものがなければならない。そうでないと、きれいごとだけの世界になってしまいます。哲学や文学の本を読んでいるのと変わらない。これでは政治はやれません」

 参院選での野党の課題は、32ある1人区の候補者一本化だ。すでに30選挙区で作業が終わっている。さらに衆参同日選となれば、衆院小選挙区の一本化も必要となる。

「衆参どちらであれ、野党が一本化すれば勝てるかというと、そうではない。2016年参院選では27の1人区で野党統一候補が実現しました。でも11議席しか取れなかった。やはり、選挙区も比例区も野党は一つのグループとして、一体となって選挙に臨まないといけません。俗に言う『オリーブの木』方式です」

「オリーブの木」は1995年、イタリアのベルルスコーニ政権を打倒するために12党が参加した緩やかな連合体。翌年の総選挙で勝利し、プロディ政権が誕生した。

「既存の政党はそのままで参院選の届け出政党を『オリーブの木』方式で結成する。野党候補は選挙区も比例区も、全員が『オリーブの木』の名のもとに戦う。そうすれば負けるわけはない。現時点で、野党票のほうが自民党より多いわけだから。これに足が遠のいてしまっていた層が加われば、必ず圧勝します」

【小沢一郎氏プロフィール】

1942年岩手県水沢市(現奥州市)生まれ。1969年、自民党公認で衆議院選挙に出馬し、27歳で初当選。田中角栄氏の薫陶を受ける。1987年に竹下登、金丸信氏らと経世会を旗揚げ。’89年に幹事長に就任するなど若くして自民党の要職についたが、1993年に自民党を離党し細川連立政権樹立に尽力。2009年の鳩山政権では幹事長に就任。2012年、民主党を離党し自由党を結党するも2019年に国民民主党へ合流。今年12月28日、在職50年を迎え名誉議員となる。

<取材・文/片田直久 撮影/大房千夏>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング