【ロッテ】ハーマンが「右手第2指伸筋腱損傷」で離脱 スローイングは2週間の患部固定後

スポーツ報知 / 2020年9月16日 17時15分

ハーマン

 ロッテは16日、フランク・ハーマン投手(36)が都内の病院での診断の結果、「右手第2指伸筋腱損傷」と診断されたと発表した。2週間の患部固定後、投球を再開する予定。ハーマンは15日の西武戦(ZOZOマリン)で2番手として8回途中から登板。試合後、患部に違和感を訴えていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング