ドラフト直前に無期限活動停止…超名門・東海大野球部が大麻の疑い「興味本位でやった」

スポーツ報知 / 2020年10月18日 6時0分

学内に掲示してある薬物乱用防止啓発ポスターを掲げる東海大・内山教学部長(カメラ・泉 貫太)

 学生野球界に激震が走った。首都大学野球連盟の名門・東海大硬式野球部の複数の部員が、寮内で大麻の疑いがある違法薬物を使用していたことが明らかになった。17日、神奈川・平塚市の同大学湘南キャンパスで緊急記者会見を開いた山田清志学長(65)は、同部の活動を無期限停止にしたことを発表した。

 大学球界屈指の強豪に、まさかの不祥事が起きた。東海大の硬式野球部員による、寮内での違法薬物使用。会見の冒頭で、山田学長は「複数名、そして寮内での行為という点を重く受け止め、無期限の活動停止という処分としました」と説明した。

 発覚の発端となったのは、9日に大学へ寄せられた一本の電話だった。「硬式野球部員に大麻使用の疑いがある」―。大学は、速やかに調査委員会を設置し、部員をはじめ各方面へのヒアリングを実施。16日に学生からの申し出により、大麻らしきものの使用を確認したという。神奈川県警による東海大硬式野球部の寮への家宅捜索で、室内から薬物を使用したとみられる痕跡が見つかり、県警は微量の物質を採取し、鑑定を進めている。

 現在、警察と大学側が調べを進めている段階のため、使用した人数、時期、薬物の入手ルートなど具体的な内容は明らかにされなかった。人数に関して、山田学長は「1ケタ台と理解してほしい」と話した。

 平塚市内にある硬式野球部寮では、全部員128人のうち110人が生活していた。薬物は寮内の一室で使用され、関わった部員の一人は「使ったらどうなるのか、興味本位でやった」と説明したという。伊藤栄治硬式野球部長(53)は「生活や練習の態度に問題のある部員ではなく、特に変化も感じなかった」と話したが、聞き取りの際に「(使用の)うわさを聞いたことがある」という声もあったようだ。

 17日は、首都大学秋季リーグの最終戦が行われる予定(18日に雨天順延)だったが、連盟へ出場辞退を申し入れ、武蔵大の不戦勝となった。無期限の活動停止処分について、内山秀一教学部長(57)は「全容が明らかになれば、という意味も含んでいます」と述べたものの、所属部員はもちろん、同大学への進学を目指す高校3年の野球部員にも大きな影響を与えそうだ。また、26日のドラフト会議に向けてプロ志望届を提出した山崎伊織、小郷賢人両投手、串畑勇誠内野手の3選手の対応は変えず、指名された場合は予定通りオンライン会見を実施するという。

 過去に全日本大学野球選手権で4度、明治神宮大会で3度優勝。巨人・原辰徳監督を筆頭に、多くのプロ野球選手を輩出している。伊藤部長は「社会的にも大学にも、またOBにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。一部の部員による反社会的な行動が、栄光の歴史に大きな傷をつけることになった。

 ◆東海大 東京・渋谷区に本部を置く私立大学。1942年に創立され、神奈川・湘南など全国7キャンパスに文、医、体育など20学部を展開する。硬式野球部は64年創部で、首都大学リーグで通算73度の優勝。全日本大学選手権の通算62勝、明治神宮大会の同31勝はいずれも全国最多。部員数128人。主なOBに巨人・原辰徳監督、菅野智之、大城卓三(ともに巨人)、田中広輔(広島)ら多数。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング