コーリー・モンテース、物質依存でリハビリ施設入所

ハリウッドニュース / 2013年4月1日 15時35分

コーリー・モンテースがリハビリ施設へ (c)Hollywood News

テレビドラマ「glee(グリー)」のコーリー・モンテースが、物質依存のためにリハビリ施設に入所することが分かった。

コーリーの代理人はゴシップ誌「ピープル」に、「彼は物質依存のため、自発的にリハビリ施設に入所することを決めました」とコメントし、プライバシーを尊重してほしいと表明した。彼は2011年に物質依存の問題を抱えていたことを明らかにしており、19歳の時にリハビリ施設に入所していたことを告白している。

また、同ドラマの共演者で恋人のリア・ミシェルは、彼のリハビリ施設入所について、「私はコーリーを愛しているし、サポートしているわ。これを乗り越えるために彼のそばにいます」とコメントをしている。

無事に依存症を克服し、元気になってリハビリ施設から出てくるコーリーを待ちたい。

※編集部注:本文の一部に不確かな部分がありました。お詫びして訂正いたします。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング