ミランダ・カー、黒コートで“マニッシュ要素”投入したモードコーデ

ハリウッドニュース / 2012年12月1日 19時40分

ミランダ・カー、ヘビロテアイテム投入でイメージチェンジ (c)Hollywood News

ミランダ・カーが、現地時間11月28日に夜まで仕事のミーティングへ出かけていました。

ブラック&グリーンを基調にしたコーディネートで姿を見せたミランダは、Acne[アクネ]のグリーンのセーターと、Maison Martin Margiela[メゾン・マルタン・マルジェラ]のレザーのショートパンツを合わせていました。アウターには、Givenchy[ジバンシィ]のブラックコートで、トレンドである“マニッシュ要素”を取り入れてモードなスタイリングに仕上げています。

足元には、Tabitha Simmons[タビサ・シモンズ]のショートブーツをセレクト。バッグは、最近ヘビロテ中のGivenchyの2012年秋冬コレクション「ANTIGONA」のものです。

実は、グリーンのセーターはつい先日にも着用していました。その際には、スリットの入ったマキシスカートを合わせてドレッシーな雰囲気でしたが、この日はショートパンツでカッコよく仕上げています。ボトムを変えるだけで、印象もガラリと変わりますね。【フェスミィ 松尾】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング