ジェームズ・キャメロン監督、宇宙飛行士の訓練を受けていた

ハリウッドニュース / 2012年5月1日 11時55分

宇宙飛行士の訓練を受けたジェームズ・キャメロン (c)Hollywood News

『アバター』(09)のジェームズ・キャメロン監督が、宇宙飛行士の訓練を受けていたと明かしている。

キャメロン監督はエンターテインメント情報サイト「ザ・ハリウッド・リポーター」に、「僕は2000年の夏にモスクワで、宇宙飛行士の生物医学的手続きをしたり、遠心力のトレーニングを受けたりしたんだ。まだロシアの『ミール』宇宙ステーションが軌道上にある時に行く予定だったんだよ」と明らかにした。

しかし、その計画は中止となってしまったそうで、「話せば長いんだけど、まぁ中止になるには十分だったんだ。とりあえずコロンビア号の事故と関係があるとだけ言っておくよ」と話している。どうやら2003年に起きたコロンビア号空中分解事故と何らかの関係があるらしい。

そんなキャメロン監督は今年3月にマリアナ海溝の世界最深の海に潜水艦に1人で乗って潜水し、有人潜水としては52年ぶり2回目、単独では初となる有人潜行を成功させた。

キャメロン監督の想像力とアイデアはこういった活動から生まれてくるのかもしれない。いつか本当に宇宙に行くことができたら、また新しい映画のインスピレーションを得るのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング