大富豪との玉の輿結婚を手中にした4人の恐るべし野望

ハリウッドニュース / 2014年8月2日 13時0分

4組の玉の輿結婚の裏に隠れる野望がえげつない! (c)Imagecollect.

皆さんは「ゴールド・ディガー(gold digger)」という言葉をご存知だろうか。これは本来「金鉱を掘る人」を意味し、現在では「金目当ての人」という意味で使われる英単語である。ある有名人と結婚するまでは普通の一般人だった4人のゴールド・ディガーたちの玉の輿結婚までの軌跡と、その恐るべし野望を振り返ってみよう。

■「PLAYBOY」創刊者、ヒュー・ヘフナーの妻クリスタル・ヘフナー
「PLAYBOY」創刊者ヒュー・ヘフナーは現在88歳で妻のクリスタルはなんと60歳年下の28歳。どう考えても遺産目当ての結婚としか思えないが、実はそれを裏付けるかのようにかつて挙式直前に若い男性に恋したことを理由に婚約破棄をしている。その後にちゃっかりとクリスタルがヘフナー氏の豪邸・通称プレイボーイ・マンションへ戻ってきて無事に結婚。しかし、同マンションに「PLAYBOY」で活躍する多数の女性を同居させているリアルプレイボーイのヘフナー氏にも驚愕である。

■ブリトニー・スピアーズの元夫、ケヴィン・フェダーライン
玉の輿結婚は女性に多くみられるが、男性の逆玉結婚ケースも少なくはない。ブリトニーのバックダンサーをしていたケヴィン・フェダーラインは、ブリトニーとのロマンスの機会が見えた途端に妊婦の妻を捨てて即座に別居。すぐにブリトニーと付き合い始め、数ヶ月後に結婚した。2年以内に離婚し、当時精神不安定だったブリトニーからケヴィンは親権を独占し養育費として月々170万円をもらっていた。

■ポール・マッカートニー元妻、ヘザー・ミルズ
不運の事故で片足を失ったことをきっかけに、元モデルで義足の慈善事業家として有名となったヘザー・ミルズ。とある慈善活動表彰イベントでポール・マッカートニーと出会い、後に当時34歳のヘザーと60歳のポールは26歳の歳の差結婚。4年で結婚生活にピリオドを打ち泥沼裁判の挙げ句に約50億円の慰謝料をゲットするが、本人の求めていた額はなんと約250億円!

■NBA選手コービー・ブライアントの妻、ヴァネッサ・ブライアント
アメリカバスケ界のスーパースター、コービー・ブライアントは当時17歳のヴァネッサに出会った頃すでにプロ選手だった。彼女はコービーとの結婚を決め、そのために高校を中退。2003年にコービーのレイプ疑惑事件があった時も、事件の真相はともあれコービーが浮気したのは事実であったのにヴァネッサは離婚をするどころかコービーを擁護。タイミングとしてコービーから4億円相当のダイヤモンドリングをもらった後であった。かつてヴァネッサは私立探偵を雇いコービーの浮気調査をしたところ、浮気相手の人数はなんと100人越えだったそう。それでもきっぱりと離婚しない理由は、やはりお金なのだろう。

60歳の歳の差婚と複数女性の同居、妻子を捨てた上でのスピード婚、250億円の慰謝料、100人以上の浮気相手の容認…と彼らの結婚生活にはとても「愛」があるとは言い難い。お金のためならどんな犠牲や苦労も厭わないその執着心や野望が、実に恐ろしい…。【高田 ミズキ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング