ザック・エフロン、コンドームを落としたけれど「素晴らしいメッセージ」

ハリウッドニュース / 2012年3月2日 18時50分

コンドームを落としてすぐにサングラスをかけるザック・エフロン (c)Hollywood News

俳優のザック・エフロンが、2月19日に行われたアニメ映画『ドクター・セウス・ザ・ローラックス』(原題・2012年日本公開予定)のロサンゼルス・プレミアでコンドームを落としたことは、「素晴らしいメッセージ」だと語っている。

ザックは自身が声優を担当した子供向けアニメ映画のプレミアで、ポケットから何かを取りだしてパブリシストに渡そうとした時に、ポケットからポロリと金色のコンドームを落としてしまった。ザックは赤面し、「オーマイゴッド!」と言って恥ずかしそうにすぐサングラスをかけた。

その出来事についてザックは情報番組「トゥデイ」で、「レッドカーペットに行く時に、ポケットをチェックするっていうポリシーは今までなかったよ」と話した。

さらに、「この映画にある多くのメッセージに付け加える、(避妊やセーフセックスは大事だという)素晴らしいメッセージだよ」と話した。

現在女優のリリー・コリンズと交際していると言われているザックは、プレミア会場で恥ずかしいハプニングを起こしたものの、若い人々に避妊やセーフセックスが大切であることを伝えられたようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング