故ホイットニー・ヒューストンさんの遺品がオークションへ

ハリウッドニュース / 2012年4月3日 15時5分

2月に急逝してしまったホイットニー・ヒューストンさん (c)Hollywood News

故ホイットニー・ヒューストンさんの遺品のドレスやイヤリングなどが、3月31日に米ビバリーヒルズにて行われたオークションに出品された。

1996年のグラミー賞前夜祭でホイットニーさんが着用したドレスは1万1250ドル(約93万円)、映画『ボディガード』(92)で着用したイヤリングとベストがそれぞれ、2812ドル(約23万円)と3437ドル(約29万円)で落札され、舞台衣装として着用していたビスチェ(女性用下着の一種)が1万8750ドル(約155万円)で売却された。

計13点の遺品が競売にかけられ、総売上は8万187ドル(約660万円)にまで上った。

今回行われたオークションは、故マイケル・ジャクソンさんや故エルヴィス・プレスリーさんなど、数多くの芸能人たちの遺品や舞台衣装などを競売に出品してきた、アメリカの競売会社「ジュリアンズ・オークションズ」が開催したもので、オークション主催者のダレン・ジュリアン氏は、「これからは裕福なコレクターやファンに、ホイットニーさんの思い出の品々が管理されることになるのです」と語った。

今回出品された遺品と共にホイットニーさんの思い出と伝説は、ファンの人たちに受け継がれいつまでも消えずに残ることだろう。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング