フィリップ・シーモア・ホフマンさんが急死、薬物過剰摂取か

ハリウッドニュース / 2014年2月3日 9時15分

急死したフィリップ・シーモア・ホフマンさん (c)Imagecollect.

映画『カポーティ』(05)でアカデミー賞主演男優賞を受賞している俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンさんが、現地時間2日にニューヨークで亡くなっているのを発見された。46歳だった。

フィリップさんはこの日の午前11時半頃にアパートのベッドルームで亡くなっているところを発見されたとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えており、薬物の過剰摂取が死因だと言われている。彼は昨年5月に10日間のリハビリ施設に入所していた。

フィリップさんの家族は表明文で、「我々は愛するフィルを失ったことにとてもショックを受けています。みなさんからの愛やサポートに感謝しています。これは恐ろしく、突然のことで、我々はこの悲しい時にプライバシーを尊重して頂けることを望んでいます。どうかフィルのことを想い、祈りをささげてください」とコメントしている。

フィリップさんは衣装デザイナーのミミ・オドネルとの間に3人の子供を授かっていた。

彼は最近では、映画『ハンガー・ゲーム2』(13)に出演し、続編の『The Hunger Games:Mockingjay – Part 1』(原題、11月21日全米公開)を撮影し終わっていたほか、シリーズ最後となる『The Hunger Games:Mockingjay – Part 2』(原題、2015年11月20日全米公開)の撮影を行っているところであった。

ハリウッドで大活躍するフィリップさんの突然の死に、多くの人々がショックを受けている。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング