【ハリウッドスラング023】「Hell Yeah」と言ってそうなセレブは?

ハリウッドニュース / 2012年9月3日 15時0分

「Hell Yeah」という言葉を使ってそうなセレブ? ジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「Hell Yeah(ヘル・イェー)」。友達との日常会話の中で、いつもよりインパクトの強い言い方をする時ってありますよね。今回紹介するのは、「あたりまえだよ」という意味の「Hell Yeah」です。

使用例:
デヴィッド:Wait? Did you pass the exam?
(ちょっと待てよ? お前試験に受かったの?)
マーク:Hell Yeah! I studied for a long time, man!
(あたりまえだよ! 俺は長時間勉強したんだぜ!)

「Hell」という言葉は、「地獄」という意味です。しかし会話に挟むことによって、言葉を強調するために使うことができるのです。例えば、「Hell No」だと「(そん)なわけないよ」という意味になり、「What the hell?」は「なんだって!?」と強い表現になるのです。もちろん、地獄という意味の「Hell」という言葉を使っており、粗野な印象を相手に与えることになるので、使用に気をつけなければいけませんよ。「Yeah」は「Yes」の略式語で、より親しみを増す言い方になります。

いつもはこのスラングをアメリカのセレブと結びつけて紹介しているのですが、読者のみなさんにとって「Hell Yeah」という言葉を使ってそうなセレブはだれですか? まだ18歳と若いジャスティン・ビーバー? 彼は今年の7月に、飛行機の中で仲間たちと汚い言葉を大声で連発してほかの同乗者に叱られたことがあるので、ありえるかもしれませんね。それとも汚い言葉を連出することで知られるチャーリー・シーン? でも彼ならさらに強い言葉である「Fuck Yeah」と言っているような気がしますね。「Fuck」は「Hell」よりもさらに下品で強い表現をする時にこうして使うことができるんです。

みなさんはハリウッドニュースが好きですか? Hell Yeah!!!【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング