ジャスティ・ビーバー、友達はあまりいないと明かす

ハリウッドニュース / 2013年4月4日 14時30分

大人気のジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーが、友人関係について語った。

世界中の女の子をとりこにする19歳のジャスティンは、ファッション誌「Teen Vouge」に、「明らかに、僕の電話はまったく鳴らないよ。僕は4人くらいしか連絡をとる相手がいないんだ」と語った。

さらに「僕は誰も信じないだけだよ。僕をハッピーにしてくれる友達がたくさんほしいわけではないんだ」「彼ら(親しい友人)は僕を(有名人の)ジャスティン・ビーバーとして見ていないよ。僕を(友達の)ジャスティンとして見てくれているんだ」と話している。

有名になったジャスティンは、他人に対して警戒心を持っているため、心を開くことのできる友人をなかなか作ることができないようだ。いつも多くのファンに囲まれている彼ではあるが、人を信じることができないという孤独と闘っているのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング