マイリー・サイラス、クロエ・カーダシアンにドッキリを仕掛ける

ハリウッドニュース / 2012年1月4日 14時50分

ドッキリの仕掛け人のマイリーとターゲットのクロエ (c)Hollywood News

ディズニーチャンネルのスターのマイリー・サイラスが、ドッキリ番組「パンクト」でリアリティースターのクロエ・カーダシアンにドッキリを仕掛けた。

この番組は2003年から2007年まで放送され、今年に復活することが決まっている。クロエへのドッキリの内容とは、マイリーと親友でマルチタレントのケリー・オズボーンがターゲットのクロエと共に女子会をしているところに配達員の男がやってきて、トイレを貸してくれと頼み、その配達員がズボンのジッパーに睾丸を挟んで取れなくなるというちょっとマヌケなドッキリである。

マイリーはドッキリが始まる前にカメラに向かって、「クロエは女の子同士で集まって、食べ物を食べたりすると思っているの。それで配達員がやってきて、トイレを使わせてくれって言うのよ。それで、彼は自分の“玉”をズボンのジッパーに挟んじゃうの。クロエ、今からドッキリに掛けられるわよ」と語っている。

クロエはドッキリに掛けられている時に緊急センターに電話して、睾丸が挟まってしまった配達員を助けるためにどうしたらいいかと尋ね、医療補佐員に彼をキッチンのカウンターの上に乗せるように言われる。しばらくして我慢できなくなったその配達員がカウンターの上に立つとクロエは、「医療補佐員が横にならないと、睾丸を失うことになるわって言ってるわ」と補助員に電話で言われた通りにし、冷静に対処している。

このエピソードはまだ放送されておらず、その後どうなったかは放送されるまでのお楽しみのようだ。また、以前司会を務めていたアシュトン・カッチャーはプロデューサーとして参加しているとのこと。これから多くのセレブがドッキリに掛けられるようで、人気番組の復活に同番組のファンも大喜びだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング