ジャスティン・ビーバーを追っていたパパラッチが事故で死亡

ハリウッドニュース / 2013年1月4日 15時25分

いつも多くの取材陣に囲まれるジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーを追っていたパパラッチが現地時間1日、事故に遭って死亡した。

ゴシップサイト「TMZ」によると、ジャスティンは自身の所有する白のフェラーリを友人に貸し、その車をあるパパラッチが追っていた。フェラーリは高速道路405号線を走行中に警察官によってスピード違反で捕まった。警察官はそのまま高速道路を降りるように誘導し、ロサンゼルスのJ・ポール・ゲティ美術館の近くのセプルベーダ通りで停車したという。

そして、そのパパラッチもフェラーリと警察官の車について行き、どうやら車を停車させて、写真を撮ろうと歩いてフェラーリに近づいたようである。しかし、警察官に車に戻るように指示され、そのパパラッチは戻るために道を渡ろうとしたところ、ほかの車に衝突されてしまった。間もなく死亡が確認されている。

ジャスティンは表明文で、「この恐ろしい事件がようやく意味のある法律を作ること、命を守る(法律を作るための)ほかの必要なを手順を進めること、有名人や警察官、関係のない一般人、そしてカメラマンたち自身の安全を守ることに影響を与えることを願っています」とコメントしている。

これまでも有名人を過度に追いかけるパパラッチが事故を起こしたり、有名人の怒りを買ったりと危ない行動が目立っていた。今回このパパラッチは取材に夢中になるあまりに事故に遭ってしまったようだ。今回の悲報は、過度な取材が悲劇を生み出すことを改めて知ることになった。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング