【ハリウッドスラング010】若い女優と「sugar daddy」

ハリウッドニュース / 2012年6月4日 15時0分

まさに「sugar daddy」の代表格であるヒュー・へフナー (c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「sugar daddy(シュガー・ダディー)」。ハリウッドでは、時に若い女性が彼女の父親よりも年上と見られる男性と手をつないで歩いているのを見ることがあります。今回紹介するのは、「若い女性に金をつぎ込んで付きあう金持ちのオヤジ」という意味の「sugar daddy」です。

使用例:
マイク:Did you see Sarah’s boyfriend? I could not believe how old he is!
(サラの彼氏を見たか? 彼があんなに年がいっているなんて信じられなかったよ!)
ジョージ:Young actress and suger daddy. Perfect combination in Hollywood.
(若い女優にシュガー・ダディーか。ハリウッドで最高のコンビネーションだね。)

そう。ハリウッドの若い新人女優にとって、お金持ちでキャリアを応援してくれるシュガー・ダディーの存在は非常に大きなものになることがあるのです。実際に、アメリカの人気コミュニティーサイトである「クレイグズリスト」では、たくさんの若い女性が、お金持ちの男性の交際相手を探しています。

アメリカで有名な「suger daddy」と言えば、まず頭に浮かぶのが、「プレイボーイ」誌の発行者である実業家のヒュー・へフナー。彼は86歳である今でも、「プレイボーイ・マンション」と呼ばれる豪邸で、若くて美しいヌードモデルであるプレイメイトたちをはべらかしています。ゴージャスな恋人と常につきあっている彼は、本当にうらやましい存在ですよね。

若いポルノ女優たちと乱交パーティーをすることで知られるチャーリー・シーンや、25歳年下のキャサリン・ゼタ=ジョーンズと結婚したマイケル・ダグラスも、「suger daddy」な俳優と言うことができるでしょう。ただし、キャサリンはマイケルと出会う前から成功していたので、彼女的にはお金が目的ではなかったのかもしれませんが。

結局は、お金を持っている男は自分の仕事で成功しているということなので、女性はお金だけでなくその人間性にも魅力を感じるのかもしれません。それにしても、ヒュー・へフナーがうらやましいなあ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング