クリステン・スチュワート、ベスト・キス賞4連覇は1人でキス

ハリウッドニュース / 2012年6月4日 15時20分

『トワイライト』シリーズのプレミアに登場したクリステン・スチュワート (c)Hollywood News

『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートとロバート・パティンソンが、現地時間3日に行われた「MTVムービー・アワード2012」でベスト・キス賞を4年連続で受賞した。

ヴァンパイアと女子高生の恋愛を描いた同映画で爆発的な人気となり、私生活でも恋人同士のクリステンとロバートは、2009年から同映画賞のベスト・キス賞を受賞し続けており、毎年2人が授賞式で本当にキスするかが注目されている。クリステンとロバートは受賞式でキスを“しそう”なパフォーマンスを披露したり、観客には見えないようにキスをしたようなパフォーマンスをしたりして盛り上げてきた。

そんな2人が『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』(11)で今年もベスト・キスを受賞。しかし、ロバートは『コスモポリス』(原題、フランス公開中)のプロモーションで多忙のため授賞式に出席していなかった。

クリステンはスピーチで、「ロブは来てないのよ、みんな。どうしたらいいかわからないわ」と話し、「ハンツマン? 私のハンツマンはどこ? クリス(・ヘムズワース)、ねぇ?」と彼女が出演する『スノーホワイト』(原題:Snow White and the Huntsman、6月15日日本公開)の共演者でハンツマン(猟師)役のクリスを呼び始めた。そして「じゃあ、シャーリーズ(・セロン)は? カモーン。妹を助けに来てよ! 私を助けに来てよ。シャーリーズ、来てったら!」と『スノーホワイト』の共演者のシャーリーズも呼び始めた。

さらに「テイラー(・ロートナー)、古き友人よ。友人を助けてよ。カモーン! テイラー・ロートナー、どこにいるの?」と『トワイライト』シリーズの共演者を呼び、「いいわ。1人でも上手にできるんだから」と言って観客に背を向け、自分を抱きしめて1人でキスをするふりを始めた。そして「オッケー、この賞は私にとって大きいわ。みんな、またベスト・キス賞を私たちに与えてくれてありがとう」と真剣に話した。

『トワイライト』シリーズの最終章が今年の11月に世界各地で公開される予定で、来年のベスト・キス賞で5連続受賞が狙えるかもしれない。もし、ノミネートされたら、来年はクリステンとロバートが2人そろって、授賞式に登場することを期待したい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング