『アナと雪の女王』の短編映画、2015年春に公開へ

ハリウッドニュース / 2014年9月4日 9時30分

大ヒット映画の『アナと雪の女王』 (c) 2014Disney. All Rights Reserved.

ディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』(13)が、2015年春に短編映画としてスクリーンに帰ってくることが分かった。

『アナと雪の女王』はアニメ映画歴代興行収入1位を記録するほど世界中で大ヒットを記録。DVDやサウンドトラック、グッズなども大人気だ。また、第86回アカデミー賞授賞式で長編アニメーション賞と歌曲賞を受賞している。そして、米ディズニーは現地時間2日に『Frozen Fever』というタイトルで、同映画の短編映画を公開すると発表した。

『Frozen Fever』については、「アナの誕生日で、エルサとクリストフが彼女に最高のお祝いを与えようと決心するが、エルサの氷のパワーがパーティーを危険にさらすことになるかもしれない」というストーリーだという。また、オラフも登場する予定だ。

1作目で監督を務めたクリス・バックとジェニファー・リー、プロデューサーの ピーター・デル・ヴェッチョ、作曲家のロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペスが短編映画も手掛ける。

世界中が公開をたのしみにしているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング