J・キャメロン監督、A・シュワルツェネッガーと地球温暖化の番組をプロデュース

ハリウッドニュース / 2012年12月5日 12時10分

ジェームズ・キャメロン監督、地球温暖化の番組を制作へ (c)Hollywood News

映画『アバター』(09)のジェームズ・キャメロン監督と俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、共に地球温暖化についてのドキュメンタリー番組のプロデュースをする。

このテレビ番組シリーズ「Years of Living Dangerously」(原題)は全部で6時間から8時間の内容で構成されており、ケーブルテレビ「ショータイム」で来年放送される予定だ。

このドキュメンタリーのナレーターとして俳優のマット・デイモン、ドン・チードル、アレック・ボールドウィンが登場し、気候の専門家であるダニエル・アバシ氏も参加する。

キャメロン監督は映画情報誌「バラエティ」に、「とてもエキサイティングで、しっかり調査された作品にするよ。我々は人々に真実を届けるんだ。人々はいつも真実を知りたがっているからね」とコメントしている。

年々地球温暖化は進行しており、先日世界気象機関(WMO)は北極圏の海氷の大きさが過去最少であると発表したばかりであった。キャメロン監督は、アーノルドと協力して、現在の地球の様子や真実を人々に伝える大きな役割を果たしてくれるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング