ジャスティン・ビーバー、ペットボトルを投げられてコンサート中止

ハリウッドニュース / 2013年11月5日 9時30分

コンサート中のジャスティン・ビーバー (c)Imagecollect.

歌手のジャスティン・ビーバーが、現地時間2日ブラジルのサンパウロで行われたコンサートでペットボトルを投げられたことが分かった。

現在ツアーで南アメリカを周っているジャスティンは、サンパウロのコンサートでヒット曲「ボーイフレンド」を熱唱していたところ、観客席からペットボトルを顔面に投げられ、マイクが落ちてしまった。ジャスティンはペットボトルが飛んできた方を睨み付けてそのままステージを去ってしまった。

ファンはその後ジャスティンがステージに戻ってくるのを待っていたそうだが、関係者は音楽誌「ビルボード」に、「みんな彼を呼んで、『ベイビー』を歌っていましたが、何も起きませんでした」「電気がついて、ビーバーのチームが道具を片付け始めたので、ファンは気づきましたよ」と話している。

ジャスティンは2009年にもペットボトルを投げられているが、そのままパフォーマンスを続けていた。また、彼は現地時間1日にブラジルで売春宿から出てくるところを目撃されたと話題となったばかりであった。

たった1人の無礼な行為によって、ジャスティンのパフォーマンスをたのしみにしていたファンみんなに悲しい思いをさせてしまったようである。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング