ジェニファー・ロペス、14億円以上の契約金で「アメリカン・アイドル」の審査員に戻る?

ハリウッドニュース / 2013年8月6日 14時45分

人気セレブのジェニファー・ロペス (c)Hollywood News

女優・歌手のジェニファー・ロペスが、オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン13に帰ってくるという。

ジェニファーは番組側と1500万ドル(約14億7000万円)でシーズン13に出演する契約をしたとゴシップサイト「レーダー・オンライン」は伝えている。また、この額に加えてボーナスも支給されるという。ジェニファーはシーズン10の時は1200万ドル(約11億7600万円)、シーズン11の時は2000万ドル(約19億6000万円)を受け取っていたそうだ。

元夫で歌手のマーク・アンソニーとの間にできた双子を育てているジェニファーは、ロサンゼルスを拠点に暮らして、双子の幼稚園の入園の準備をしたいという。そのため、それが番組に戻るきっかけになっているそうだ。

関係者は「『アメリカン・アイドル』に出演すれば、それ(家族と過ごすこと)ができます」「双子は秋に幼稚園に入園します。今、安定することは彼らやジェニファーにとって大切なのです。彼女は、ロサンゼルスで子供たちの学校を探していますよ」「さらに、もし彼女がロサンゼルスに住めば、映画の仕事やファッションのビジネスなどのほかの事業に集中できます」と明かしている。

シーズン12でランディ・ジャクソンと歌手のマライア・キャリー、ニッキー・ミナージュが番組を降板。先日、歌手のキース・アーバンがシーズン12同様に審査員を続投すると発表された。また、歌手のウィル・アイ・アムが審査員に加わると噂されている。

ジェニファーを含め、正式な審査員の発表を待ちたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング