レイチェル・ビルソン、31歳で迷子の子供に間違えられたと嘆く

ハリウッドニュース / 2013年2月6日 14時30分

子供に見られてしまうレイチェル・ビルソン (c)Hollywood News

女優のレイチェル・ビルソンが、迷子の子供に間違えられたエピソードを語った。

現在31歳のレイチェルはイギリスの女性向け健康誌「ウーマンズ・ヘルス」に、「私は自分がとても若く見えることは分かっているの。前にロサンゼルス空港に戻ってきた時に、空港のセキュリティーに止められたの。それで、『お嬢ちゃん、家族はどこ?』って言われたの。『私は31歳よ!』って感じだったわ」と語った。

さらに「私が40歳になった時は、きっと(若く見えることに)感謝できるかもしれないわね。でも、年を重ねて、しわが出来た時に私は心配になると思うの。きっと、『今まで見たことのない最も奇妙な顔のティーンエイジャー』って思われそうだもの」と語っている。

空港で子供に間違えられたといえば、レイチェルのほかに、22歳の女優であるエマ・ワトソンがアメリカに入国する時に子供に見えたことから止められてしまったことがある。

10歳以上も若く見られたとはいえ、子供に間違えられてしまったことは複雑な気持ちだろう。小柄で可愛らしいレイチェルにあこがれる女性は多いが、彼女なりに悩みを抱えているようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング