ケイティ・ペリーが離婚を決意した本当の理由とは?

ハリウッドニュース / 2012年1月6日 18時35分

はたして離婚の原因は何だったのか? ケイティ・ペリーとラッセル・ブランド (c)Hollywood News

歌手のケイティ・ペリーとコメディアン・俳優のラッセル・ブランドが離婚を決意した理由はいったい何だったのだろうか?

ラッセルは昨年の12月30日に「和解しがたい不和」が理由で離婚届をロサンゼルス上級裁判所に提出した。しかしそれは書類に書く常套文句であり、彼らが離婚を決意した本当の理由ではないだろう。アメリカやイギリスのメディアが報道しているさまざまな離婚の理由をここで紹介する。

「US・ウィークリー」誌は、ラッセルがケイティの活動に協力的ではなかったことが理由だと報じている。ケイティがコメディー番組「サタデー・ナイト・ライブ」の司会を務めた時に、ラッセルに出演をするように頼んだのだが、彼はそれを断り、さらに番組が終わった後にケイティがあまり面白くなかったと言ったことで、大げんかになったようなのだ。

一方で、ゴシップサイト「TMZ」は、パーティー好きのケイティと、家にいたい派のラッセルの性格の不一致が問題だったと伝えている。ケイティは、ラッセルがパーティーからいつも早く帰りたいと主張することを気に入っていなかったという。

ゴシップサイト「ハリウッド・ライフ」はさらに驚きの理由を伝えた。同サイトによると、ケイティがラッセルのあまりに変態的なセックスについていけなくなったのが、離婚の原因だったらしい。どうやら、ケイティは、ポルノ映画を好み、クローゼットに大量の大人のおもちゃを隠し持つラッセルの過激な要求に答えきれなくなったというのだ。

はたして、ケイティとラッセルを離婚へと追いこんだ理由は何だったのだろうか? もしかすると将来に、ケイティが破局した心情を歌で表現するという日が来るのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング