歌手シェリル・クロウ、脳腫瘍が見つかったと発表

ハリウッドニュース / 2012年6月6日 10時15分

良性の脳腫瘍が見つかったシェリル・クロウ (c)Hollywood News

50歳の人気歌手シェリル・クロウが、MRI検査をした結果、良性の脳腫瘍が見つかったと発表した。

シェリルは「ラスベガス・レビュー・ジャーナル」紙に、「最近、物忘れがひどくなったので、MRI検査を受けにいったの。そしたら、脳腫瘍が見つかったのよ。でも、良性だから、心配しなくていいみたい」と語った。今回シェリルが患った「meningioma(髄膜腫)」は、脳を包んでいる髄膜という膜から発生する良性腫瘍であり、特に中年以降の女性に発見されるもののようだ。シェリルの代理人は、彼女が健康な状態であると発表している。彼女が手術をするかどうかは、明らかになっていない。

シェリルは、先月にフロリダで行われたコンサートで自分の人気曲の歌詞を忘れてしまい、観客に対して、「私はもう50歳なのよ。私の脳はダメになっちゃったの!」と語りかけていた。

2006年に乳がんの手術を受け、完治させているシェリルを心配するファンも多いだろう。しかし、どうやら今回の病気はそこまで深刻ではないようなので、シェリルの言うように、心配しなくてもいいようだ。彼女の健康を祈りたい。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング